スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Googleで”自分マーケティング”する方法 - 読書朝食会リーディング・ラボ

2010022801リーラボ
今週も読書朝食会リーディング・ラボ(リーラボ)に参加してきました。今回は各自のオススメ本を紹介しあう読書会に加えて「グーグル・マーケティング!」などの著作を持つ押切孝雄さんによる講演が行われました。

押切さんはWebブランディング会社「カティサーク」の代表を務められていて、自ら「Webメディアエヴァンジェリスト」を名乗るほど、役に立つWebサービスやツールなどを使いこなしているとか。当然Googleの各種サービスなどにも精通されていて、「グーグル・マーケティング!」などではそれらの活用法を数多く紹介しているそうです。

■Webマーケティングツールを自分のために使いこなす

GoogleのWebマーケティングツールとして代表的なのが、「Google Insights(グーグル・インサイト)」と「キーワードツール」。Google Insightsは、気になるキーワードが、これまでにいつ、どこで、どれくらい検索されたかなどを調べることができ、キーワードツールは、そのキーワードはどんな言葉と一緒に検索されたかを調べることができます。どちらもWeb製作やマーケティング、SEOなどを担当されている方にはお馴染みだと思います。

2010022802リーラボ
今回の講演はこれらWebマーケティングツールを自分のため、つまりパーソナルブランディングに活用してしまおうというのが趣旨でした。自分の得意なこと、やってみたいことをGoogle Insightsを使ってWeb上でどれくらい検索されているか、上昇/下降トレンドなのかを調べられます。さらに、キーワードツールでどんな言葉と一緒に検索されているかを調べれば、世間の人がどんなふうに関心をもっているを掴むことができ、そこにチャンスがあるかどうかの目安にできるわけです。

例えば私はこのブログで何度か書いているとおりB級グルメが好きなわけですが、このキーワードで検索するとこのようなデータが表示されます。

2010022803リーラボ

2004年以降、徐々に右肩上がりを続け2008年から2009年にかけて大きく伸びています。とても有望である一方で、この情報を提供するサイトも多く、それらと同じことをしていても埋もれてしまうでしょう。そこで、キーワードツールで一緒に検索されている言葉を探します。

2010022804リーラボ

こうして分野を絞り込んで、多少ニッチでも刺さる人には刺さる分野を見つけようというわけです。キーワードのトレンドを見るにはkizasiを組み合わせてみるのもテのようです。

しかしあまりにニッチでは、ライバルが少なくてもターゲットとなる市場まで小さすぎてしまいます。押切さんに聞いてみたところ、だいたい月に数千から1万程度検索されていれば見込みがあり、そこにすでにライバルがいたとしても、市場が大きく育つ可能性があるのでチャレンジしてみる価値があるそうです。


Google InsightsやキーワードツールなどのWebマーケティングツールを、仕事ではなく自分のために活用してしまおうという発想は、新たな発見でした。自分がやってみたいことに世の中は関心があるのか、あるいは世の中の関心事に自分を活かせるものはないかを探してみるのに、とても役立ちそうですね。


前回までのリーラボレポート 1 / 2 / 3

Google Insights

キーワードツール

株式会社カティサーク

読書朝食会"Reading-Lab"


グーグル・マーケティング!グーグル・マーケティング!
(2008/06/19)
押切 孝雄

商品詳細を見る


実践!グーグルマーケティング (Mainichi Business Books)実践!グーグルマーケティング (Mainichi Business Books)
(2009/02/27)
押切 孝雄

商品詳細を見る


You Tube ビジネス革命 1分の動画が世界を驚かす (Mainichi Business Books)You Tube ビジネス革命 1分の動画が世界を驚かす (Mainichi Business Books)
(2009/12/23)
押切 孝雄

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。