スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デジタルが苦手な人にとって、そんなに悪い時代じゃない

2010020901

今日、はっとした言葉。

デジタルが苦手な人にとって、そんなに悪い時代じゃないんですよ。何でかというと、どんどん簡単になっているから。10年前よりも、5年前よりも、3年前よりも今の方が全然簡単になっているんです。何かをやるにしても、そんなに難しくないので、デジタルに関しては乗り遅れたとかなくて、後から入った方が楽に始められる。…ということを覚えておいてもらえるといいと思います。---デジタルステージ代表取締役 平野友康(J-WAVE Growing Reed 2010 2/8放送)


ツッコミどころはあるけど、なかなか言い得て妙だなと。

日常的なメールやWeb以外、例えば何かを創作するとき、デジタルと全く無縁な分野はまだまだたくさんある。そこの何かをデジタル化することで、作品や使う人の幅を広げることができる余地はまだまだあるし、その敷居はどんどん低くなっている。

アナログがいい、デジタルがいいなんてのはナンセンス。可能性を伸ばせるところに最適ものを使えばいいし、そこで不可能なことはどんどんなくなっているのだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。