スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェットストリームにデミクーパー…文具にこだわる!

昨年末にステーショナリーハック!「結果を出す人」はノートに何を書いているのかなどを読み、年始めは文具選びや使い方に少しこだわりたいなと考えてました。モノから入るタチなので、早速仕事始め前にいくつか文具を買い替えてみました。

●ボールペン:ジェットストリーム(250円 三菱鉛筆)
●シャープペンシル:オレーヌ(200円 プラチナ万年筆)

2010010501
「思わず笑みがこぼれるほど滑らかな書き味」とステーショナリーハック!で絶賛していた油性ボールペンのジェットストリーム。そして「耐芯構造」を備え芯が折れにくいというシャープペンシル「オレーヌ」。どちらも評判に違わないパフォーマンスを発揮してくれてます。とくにジェットストリームは本当に書くのが楽しくなりますよ。


●使い慣れたボールペンの替え芯
3色ボールペンなど他に使っているペンは特に買い替えるほどのものはなかったので、同じものや替え芯などを用意。別のものを使って使い勝手を落とすより手になじんだものを使った方が仕事もはかどります。

何かのセミナーでもらったものでも、とても手になじみこれまで3回芯を替えて愛用しているペンがあります。こういうペンで書くと、自分の名前など普段書く文字でも明らかに上手に書けるんですよね。ちなみに私はあまり高いペンを買う必要はないと思ってます。無くしてしまうことが多いので…。


●メモ帳:デミクーパー(200円 コクヨ)
2010010503
オン/オフ問わず常に持ち歩くメモ帳としてロディアのNo11(7.4×10.5cm)が定番ですが、私はこのデミクーパーがオススメ。特徴はロディアと同様に格子状のラインが引いてあるのに加えて、メモを半分に切れるキリトリ線入りであること。一言メモならNo11のサイズでも大きすぎますが、半分ならちょうどいいサイズです。

デザインもシックでいい感じだし値段もお手頃。なぜかコンビニのサンクス限定販売商品で、「結果を出す人」はノートに何を書いているのかで紹介されていたせいか、最近どこも品薄状態のようです。


■これから欲しいモノ

●デミクーパーのカバー
2010010502
今使っているのが、Windows Vistaロゴ入りのビニール製カバー。特に使い勝手は悪くないのですが、今さらVistaですからね。人前で出すのはさすがにちょっと恥ずかしい。ロディア用のいいカバーを探しているのですが、ペンを挟むとこがなかったり、やたら高かったりしてなかなかいいものが見つかりません。


●A5サイズシステム手帳
2010010504
このサイズのバインダー式手帳は高い!革製のものは最低でも1万円から。安いビニール製でも6000円前後はします。先日、東急ハンズで「カロス」という少しポップなカラーで軟らかい革製のものを見つけていいなと思ったのですが、値段は14700円。普段から使うものなので多少贅沢してもいいかなとも思うのですが、悩み中です。


STATIONERY HACKS!STATIONERY HACKS!
(2009/10/01)
土橋 正小山 龍介

商品詳細を見る



「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)
(2009/09/11)
美崎 栄一郎

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。