スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「目立つ力」勝間和代 - ブログをもう一度始めたくなる一冊

勝間和代「目立つ力」読了。
何らかの理由でブログを断念した人が、もう一度始めようと奮起するのに最適の1冊だと思う。かくいう私もこれを読んでいるうちに、3度目のブログ再開を決めた。

自分は人と違う存在であり続けたいし、それを知ってもらいたい欲求が強い。だから、ブログで自分が何者であるかをアピールし続けたい。

あとは飽きっぽい性格をどうフォローして継続させるか。その答えをいくつかこの本から得られたと思う。

以下、読書メモ。

ブログのネタはどうするか?

ネタの中で一番簡単なのは(中略)日中で最も長い時間を費やしているもの、すなわち、業務に関わるものです。(中略)守秘義務にかかわらない部分で、さまざまな体験談をユーザーと共有できれば、自分の知らない職業の疑似体験ができますので、それはそれでたいへん面白いブログになります。

思考の整理はまず、文章にすることから。自分自身の、ちょっと尖っていて人に知らせたくなるような情報や体験があったら、それを積極的に言語にして、文章にしてみてください。そうすると、そこから、派生的に目的が見えてくることでしょう。

コンセプトが見つけやすいと言うことは競争も激しいということになります。実際、書評ブログは数が多く、競争が激しいので、よほど優れていないと、なかなかユーザーの耳目を集めることはできません。私は書評ブログには参戦しないことにしています。
とにかく、自分が自然に時間を使っていて、他者よりも優位な情報を得られる分野を見つけることが、コンセプト探しの第一歩です。



人に読んでもらえるブログとは?

付加価値がないブログをどれだけ繰り返しても(中略)普遍的にユーザーを広げることはできません。売り物になるコンテンツを見つけると言うことは、大変戦略的な作業ですし、逆にそれが見つかれば実は私たちのブログは大きく前進するのです。

ブログはみな、忙しい中で流し読みをするのが基本です。だからこそ、文章全体の構造も大事ですが、それ以上に、全体として何を伝えたいのか、最初の2~3行に相手を惹きつける、キャッチーなことを書かないと、読者は続きを読んでくれません。



ブログを書き続けるということは?

戦略レベルの差別化とは、ブログを書く人も、読む人も、その結果のアウトプットとして、結局何をしたいのか、何を手に入れたいのかということを、ある意味で企業戦略と同じくらい、真剣に考え抜く作業になります。そしてブログを作るということは、情報を経験などから仕入れ、加工して、形にして発表し、そこから成果を得る、という繰り返しです。



どうすれば継続できるか?

エントリーにかける時間は30分以内に



目立つ力 (小学館101新書 49)目立つ力 (小学館101新書 49)
(2009/10/01)
勝間 和代

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。