スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旨い店を紹介する本は、まず地図を充実させてほしい

2009120605
最近、出先で「このへんでどこか美味しい店ないかな」と思ったときは、iPhoneの「食べログ」で評判のいい店を見つけて行くことが多いですが、ときどきは本で美味しそうな店を探すこともあります。

特に冬は1冊まるごとラーメン屋を紹介するムックがコンビニなどで売られていて、手にとって中をみたら、たまらなく美味しそうで思わず買ってしまいがちです。そして今年は、特に「B級グルメ」を紹介するムックに目を奪われ、2冊も買ってしまいました。

こうした本は紹介されている料理や店も重要ですが、それがどこにあるかも重要です。食べに行こうと思っても、遠いとなかなか行きづらい。そこで、「何を食べたい」よりも、まず「今日行くところの近くにいい店はないかな」と調べたくなります。

ところが今年買った2冊のB級グルメ本はいずれもそのように探すことができません。場所ではなく料理のジャンルごとに分けられていて、それぞれにある住所と小さな地図を見て初めて場所がわかります。美味しそうな店を見つけても、それが自分の行動範囲外であればNGで、また探すことになります。これが面倒くさい。

美味しそうな店であれば、どこへでも行くという強者であればいいのですが、多くの人はまず場所ありきじゃないかなと思います。そしてそれに応えているのが、GPSに対応して今いる場所から美味しい店を探せる食べログなんじゃないかなと。こうしたニーズに応えていかないと、いくら企画や写真にこだわっても、読者は食べログへ移ってしまうんじゃないかと思います。

もし私がこうした本の編集者であれば、まず広域の地図を載せ、次に各エリアごとにページを分け、詳細地図から店をさがせる構成にします。お店選びや写真にこだわりつつも、まずは今日行ける範囲でよさげな店を探せる本にしたいです。

CIRCUS(サーカス)2009年12月号増刊 絶品!大人のB級グルメ冬の陣 2009年 12月号 [雑誌]CIRCUS(サーカス)2009年12月号増刊 絶品!大人のB級グルメ冬の陣 2009年 12月号 [雑誌]
(2009/11/17)
不明

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。