スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビジネス雑誌を裁断・データ化して、より「活用」する

ビジネス雑誌裁断

座右のマンガをiPhoneに入れるに続いてもう一つ私の活用術を。それはビジネス雑誌の特集の裁断、PDF化です。特に表やグラフ化された調査・統計データは、資料作成のときに大いに役立ちます。

こうした記事は役に立つものでもそうそう読み返すことはありません。けど、調査・統計データは、企画書やプレゼン資料の説得力を上げたり、ハクをつけるのに大いに役立ちます。しかもデジタル化されていれば、必要なところをトリミングして貼り付ければOK。また、データがほしいとお願いされたときでも、すぐにメールやプリントアウトして渡すことができます。

ビジネス誌グラフ

もちろん、後で記事を見返すこともできます。だいたいこういうときは全部ではなく1~2ページ程度なので、本よりやや読みづらいPC画面上でもさほど苦になりません。むしろ本棚をあさるよりずっと楽です。

あとは、必要なときにすぐ取り出せる環境を作っておけばカンペキです。USBメモリやポータブルHDDでもいいですが、私はDropBoxにPDF化した資料を入れておき、家と会社のPCで共有してます。

ビジネス雑誌PDF化

…とまぁ、ここまで書いといてなんですが、まだ資料がそんなにたまってないせいか、必要となる機会がたくさんあるわけでもありません。もちろん役に立ったことも何度かありますが。

ここで言いたいのは、ビジネス雑誌でもマンガでも「活用する」本や雑誌は、きれいに保管していても、必要な時に手に届かないところにあったり役に立たなければ、大事にしているつもりであっても、捨ててしまったも同然ということです。

データ化して価値のあるもの、紙のままにしておくことで価値のあるものを見分けるのが重要なんじゃないかなぁ、と思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。