スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhoneに「座右のマンガ」を入れて持ち歩こう

整理HACKS!」や「iPhone情報整理術」で、本を裁断・PDF(電子書籍)化してPCやiPhoneで見ようというハックが紹介され、ネットでも実践しているのをちょくちょく見かけます。

おいらもその一人です。整理Hacks!を読んだ翌日には富士通のシートスキャナ「ScanSnap S1500」と、PLUSの裁断機「PK-513L」を購入。おいらのデスクの右側には裁断機がドーンと鎮座してますw。

PK-513
ドーン

で、たまっていた本や雑誌をスキャンしていったのですが、特にiPhoneには何を入れ、どのように活用すればいいか、いろいろ試してみました。

他を見ると路線図や時刻表などが紹介されてますが、おいらなりにベストだと思ったのが「座右のマンガ」です。

読み終えて単に「面白かった」だけで終わらず、自分の考え方や行動に影響を与えたマンガを入れておくと、ちょっと空いた時間などに読み返して「教え」を取り戻すことができます。

活字の本も入れておきたいところですが、iPhoneの大きさでは読むのにちょっと苦しい。マンガなら比較的字が大きいし、絵を見ればだいたい思い出すことができます。

iPhoneマンガ iPhone活字

ちなみに私が入れているのは
ドラゴン桜
マネーの拳
銀のアンカー
エンゼルバンク(モーニングKC)
それぞれ全巻です。

はい、すべて三田紀房氏の作品です。偏っているのはわかっていますが、今のところ常に持ち歩きたいのはこの4つかなと。最近、「堂本ルール」が面白くて、裁断して入れようか考え中です。

PDFリーダーアプリは「GoodReader」がいいと思います。理由は操作性の良さと、200ページ超のPDFでも重くならずに読めるので。他も試してみましたが、今のところこれに勝るアプリを見つけられてません。

リアル本の電子書籍化には色々なHacksがあると思いますが、まずはこれをオススメします。他にもありますが、それはまたの機会に。。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。