スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「堂本ルール」は本当に面白かった

けんすうさん曰く

マンガ好きの友達と話していて、堂本ルールはおもしろい、という結論に達しました。

ということで、まずは1巻を買って読んでみた。

けんすうさんは2巻の「お金持ちがお金を使わない理由」をとりあげてましたが、私は1巻のこの部分を。

寝る家もないネットカフェ難民も何百億と自由に使えるIT長者も、実は差などほとんど無い。

たまたま金を集める方法を思いついてそれを実行したか、ただ何もしなかったか…というだけの差だ。

「するか」「しないか」それだけだ。能力の差なんて微々たるもの…

だからオレ達は何にでもなれる。ただ本気で「なろう」と「すれば」いいだけなんだから。


まぁ、今まで読んだ自己啓発書で何度か見た言葉だけど、マンガで言っているのはあまりない。しかも話の展開が「確かにそうかも」と思わせてくれる。本気でこう思って行動に移すようになるには、マンガだろうが自己啓発書だろうが、とにかくこの言葉を何度も目に耳にすることだと思う。

そんなわけで、これは読み進める価値があると思うので、明日2巻買います。

堂本ルール 1 (ヤングチャンピオンコミックス)堂本ルール 1 (ヤングチャンピオンコミックス)
(2009/03/19)
阿部 秀司

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。