スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ziny.us(ジーニアス)を見て考えたソーシャルニュースサービスの行き先

Zinyus02以前からのご縁あって「ziny.us(ジーニアス)」というソーシャルニュース系サービスの発表会に参加してきた。開発元のSultluxが言うには「Flipboard+Pinterest+人工知能」というイメージ。Web上にあるニュースや画像、動画などのコンテンツから使い手の好みに合わせたものを集め、雑誌のようなレイアウトに整理し、集めたり共有できるSNSだそうだ。これをプラットフォーム化して広告などのビジネス展開を予定しているという。2月20日より日本でもiOSアプリとしてリリース予定で、その後AndroidやWebにも対応予定とのこと。

個人的にソーシャルニュースはとても興味があり、古くははてなブックマークからFlipboard、最近ではSmartNews、Gunosyなどいろいろ使っている。ziny.usはタブレット上でiBooksやi文庫HDのように、本棚にジャンル別に雑誌風アイコンが並び、タップするとFlipboard状にコンテンツが展開されるインターフェース。見た目を重視しているだけあって、デモを見る限りなかなかきれいで使い勝手も良さそうだった。

Zinyus01おそらくリリース後、自分を含めこうしたニュースアプリが好きな人がまず飛びつくとと思う。ただ、これを普及させるにはいくつかのハードルがありそうだ。こうしたサービスが好きな人にいかに続けて利用してもらうか、そして一般ユーザーにどう認知させ利用してもらうか。

キュレーションをテクノロジーで実現しプラットフォーム化するビジネスはかなりホットでライバルが多い。Flipboard、SmartNews、Gunosyなどの中にもそうした形を考えているところはありそうだし、他にもSummlyやRockmeltなどすでに似たサービスはいくつもある。好き者は目移りしてしまい、いくら使い勝手が優れていても継続的に「何か」がないとすぐに離れてしまいがち。

さらにそれに対しこうしたサービスを必要とするユーザーが全体でどれくらいいるかまだまだ未知数。いずれもよくできているにもかかわらず”好き者向け”を抜け出せておらず、ほとんどのユーザーはTwitter、Facebookで流れてくる情報とYahoo!ニュースで事足りている。好き者だけでは広告やコマースビジネスは成り立ちづらい。

こうした場合、過去の例からいくつかのサービスはB2Bビジネスへ方向転換したり、Yahoo!などの大手に組み込まれるパターンが多く、この分野もそうした動きが今後1〜2年後には出てくると思う。まぁそれだけではちょっと夢がないので、ziny.usを含めたソーシャルニュースサービスの予想外の進化に期待したい。



ziny.us
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。