スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有料メルマガならではの面白さ

121020012年ほど前から佐々木俊尚さんの有料メルマガを購読していたけど、先月末あたりから本田雅一さん、西田宗千佳さん、石川温さんのも購読を始めた(ITジャーナリストばかり)んだけど、これが結構面白かった。

最近の記事では
佐々木さん:矢沢永吉の音楽ビジネス論
本田さん:アップルの報道に対する体制
西田さん:CEATECの存在意義
石川さん:ソフトバンクなどの記者会見後の囲み取材とツッコミ(動画付き)
などなど。合わせて月2500円ほど。

有料メルマガは内容が購読者以外に外へ漏れにくいので、いろんな制約(編集社の都合とか炎上対策とか)にあまり縛られず、その人ならではの突っ込んだ話が読め、かつお金をもらっているというという意識もあり、しっかりとした内容になっている。

ただし2,3号自分に合わないと思う記事が続いたらすぐ解約するようにしてる。これまで2誌ほど購読をやめた。

最近はEPUBでの配信もされていてiBooksで開くとメールよりずっと読みやすいし、空き時間に電波状況を気にせず読めるのもいい。これが結構デカくて、もし有料サイトでのWeb配信だったら同じ内容でもおそらく読んでない。

有料メルマガはある程度の規模の読者がいないといろいろ難しいし、書き手も新しいネタが次々と出てきて(入ってきて)それらを読者に楽しんでもらえる仕事でないと続かないから、ジャーナリスト中心のニッチなメディアとして続いていくんじゃないかと思っている。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。