スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「第6回ビジネス雑誌勉強会 in 東京」走り書きメモ

資料(ますいさん作成)
https://docs.google.com/viewer?a=v&pid=explorer&chrome=true&srcid=0B0TQoRfBqst_ZTQxZmRmMzktYjQyMC00OWMzLTg0NmMtMmQ0NzVlMjY0MmQ5&hl=en

○週刊ダイヤモンド
http://dw.diamond.ne.jp/backnumber/index.html
2月5日号「激変! 日本のホテル」
日本のホテルはリーマンショック以降、高級ホテルの需要は低迷し収益悪化。また安易な価格低下やコスト削減がサービス低下につながる悪循環に陥っており、構造改革が求められている。
これまで約10年単位でホテルの経営形態が変動してきているが、今後10年は1つの企業が多様なビジネス、レジャーなど多様なホテルの経営をしたり、異業種が参入してくることも考えられる。

・ホテル業は縮小傾向にあり、今後専業でやっていけるのはJTBとHISだけかもしれない?
・海外のホテルを予約する際、海外製のサービスの使い勝手が良く、日本はシステムや掲載数で非常に遅れている
・Webでの価格比較やユーザーによる評価サービスの利用が進む
・そうしたWebサービスは最初ベンチャーが広めるが、大手が買収あるいは資本力を活かして乗っ取ってしまうことが多い

2月12日号「就活の虚実」
新卒採用・社内育成という日本型雇用の慣行は、非新卒や中途採用を困難にしてしまう。また、新卒の就職活動はネットの普及で1企業に対するエントリー数が増加し、結果的に学生・企業の負担が増えるとともにミスマッチを起こしやすい要因にもなっている。

・アメリカは新卒の就職率は3割前後。大学卒業→就職という流れにとらわれていない。
・キャリアラガー:「この人は何ができるか」が明確にされており、専門性が高い。一方で、その分野・産業が廃れてしまうと他業種への転職が困難で失業する可能性が高い


○日経ビジネス
http://business.nikkeibp.co.jp/nbs/backnumbers.html
1月31日号「テレビ 明日なき戦い サムスン、赤字転落の真相」
テレビは新興国が牽引し需要が増加傾向にあるものの、価格の下落が収益を圧迫。また水平分業での生産が可能になることでの新規参入や、PC/スマートフォンなどの「外圧」もある。そして地デジやエコポイントなど官製特需が終わり国内出荷台数は大きく落ちる見通し。

2月7日号「インフラ輸出 勝利の方程式」
インフラ輸出は新興国需要の高まりにより、今後重要な富の源泉に。しかし海外の競合も強く、1企業だけではなく官民・業種間の枠を超えた協力が必要。
2010年にはベトナムでの原子力発電所開設プロジェクトに官民共同でJINEDを設立、積極的なセールスで原発建設のパッケージを売り込むことに成功→何を受注したのかが不明確な点も?

・最近では鉄道が注目。運行時間の正確性や無事故などをアピールしつつも、国民性の違いなどで導入国が求めるものとのミスマッチも
・他国はスタッフが長期間滞在し現地のスペシャリストになる一方、日本は任務が終わるとすぐ帰国してしまう傾向。


○東洋経済
http://www.toyokeizai.net/shop/magazine/toyo/backnumber_list/
2月5日号「まだ間に合う!糖尿病」
糖尿病は肥満や運動不足などが起因して発病するが、初期段階では自覚症状がない。併発・誘発病の危険が大きく、死に至ることもある。また、完治が不可能で治療には生活環境の改善が必要なやっかいな病気である。
発病する確率や個人差があるが、一般に東洋人はかかりやすい。

2月12日号「踊る!ブラジル」
生産・消費とも勢いのあるブラジル。00年代以降政権が安定し機敏な経済政策をとられた結果、海外企業の進出やマネーの流入が進んでいる。

★ひとこと★
初参加だったが、ますいさんのまとめ資料がよくできていて議論に軸ができ、特にホテルや就活について中身の濃い話ができた。日経新聞を読む会などもそうだが、同じ本や記事を読んだ人が集まって、それぞれの見方を聞くことがとても面白く、かつ新たな発見があることを改めて実感。


週刊 東洋経済 2011年 2/19号 [雑誌]週刊 東洋経済 2011年 2/19号 [雑誌]
(2011/02/14)
不明

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。