スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陸上自衛隊朝霞駐屯地へ行ってきた

R0015790.JPG
先日、Sunday LAB主催で行われた勉強会『見て、触れて、学ぼう。陸上自衛隊の仕事』に参加しに陸上自衛隊朝霞駐屯地へ行ってきました。

朝霞駐屯地には陸上自衛隊広報センターという、一般の人に自衛隊の活動を紹介したり、戦車や装備に振れられるミニ博物館のような施設があり、前半はそこを紹介していただき、後半は陸上自衛隊の任務や組織、訓練の様子などのプレゼンをしていただきました。

R0015788.JPG

R0015795.JPG

R0015804.JPG

R0015810.JPG

広報センターの見学は、戦車の中やヘリコプターに乗り込む…ことはなく、一般と人と違う特別なところに入るわけでもなし。プレゼンの内容も基本的にWebで公開されているものと、そう変わるものではありませんでした。…というか、以外と陸上自衛隊のサイトって情報が充実してますね。
http://www.mod.go.jp/gsdf/about/station/index.html

いろいろ話を聞いていたところ、むしろこうした勉強会で陸上自衛隊の見学や説明を聞く機会が与えられたこと自体が画期的だったようです。以前より何回かSunday LABに参加されていた自衛隊の方(陸上自衛隊幹部学校の盛谷さん)に提案し、さらに盛谷さんが隊に会の進行やプレゼンの内容を提案し、許可をとって開催されるまで約半年ほどかかったとか。

確かに機密事項てんこ盛りの自衛隊について公式のイベント以外で外部の人間に話すとなると、とてもセンシティブになることもわかります。それでも開催にこぎつけ、このような機会を与えてくれた盛谷さんやSunday LABスタッフの皆さんに感謝です。

会を通じて、自衛隊での訓練生活や世界各地へ派遣されている方の生活は、おそらく我々が想像している何倍も大変。それに耐えて私達を守るべき人だとがんばってくれている人が自衛隊にはいる。そうした方々に支えられて、今の平和な生活があるということがわかりました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。