スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結婚式のアルバムをiPhotoで作ってみた(MacPeople2011/2レビュー)

2011010200
レビュープラスから献本いただいたMacPeople2011年2月号をご紹介します。今回は付録冊子の「MacPeople Basic iPhoto」を参考に、先日(といっても2ヶ月前ですが)行った結婚式の写真をアルバム(iPhotoではフォトブック)にしてみました。

iPhotoはiLifeアプリの1つとしてMacに付属してくる写真管理アプリで、先日購入したMacBook Airに最新版の「iPhoto 11」がプリインストールされておりました。こうしたAppleのアプリはマニュアルがないものの使い方が簡単でだいたい使えてしまうものですが、MacPeople Basicではこうしたアプリの使い方をマニュアルに代わって紹介しています。

ある程度Mac使い慣れているとこんなのは不要だと思う人も多いと思いますが、パラパラと眺めてみると意外と知らなかった機能に気づくことがあります。この冊子ですべての機能を最初から最後までおさえてはいませんが、とっかかりとしては自称中級者以上でも十分に使えると思いますので、ぜひ。


■自分で作れば安くできる、写真を選べる

先日挙げた式ではカメラマンに式の様子や前撮りした写真を撮ってもらいましたが、それらはすべてデータでいただき、アルバムにはしてませんでした(2人や家族全員が写ったいわゆる結婚写真は別で作りました)。そこまでお願いすると「オプション料金」ということで10万円ほどかかってしまうため、自分たちでできることはやることに決めていたわけです。実際、1万円弱で作れました。

自分で作ると安くできる他にも自由に写真を選べ、カメラマンではなく自分や友達が撮った写真を入れることができるメリットもあります。今回は式の準備やカメラマンが入らなかった二次会も一冊にまとめることができました。


■アルバム作成の流れ

まずDVDに入った写真をiPhotoに取り込みます。次にアルバムに入れる写真候補を何枚か選んで、画面下にあるツールバーの右側にある「作成」から「ブック」を選びます。

2011010201
ここでアルバムの種類や全体の写真の区切り方などを選択します。画面中央でテーマから写真の区切り方を、上で綴じ方(ハードカバー・ソフトカバー・リング)、左側でアルバムのサイズ(L、XL)、右側で背景色がそれぞれ選べます。後でも変更できますが、一部設定がクリアされてしまうので、早めに決めた方がいいでしょう。

2011010203
決まりましたら、写真を配置していきます。1ページに何枚入れるかを選び、それぞれの枚数で用意されたレイアウトを選びます。右下の「写真」で現れるサムネールから入れ込む写真をドラッグアンドドロップで配置します。入れ込んだ写真の拡大縮小ができるほか、写真の縦横比に合わせてレイアウトも自動的に丁度いい感じに変化してくれるので、結構適当に配置してもいい感じに収まります。

2011010202
私は式に向けての準備(衣装合わせなど)、前撮り、式、そして二次会をすべて1冊に詰め込みました。全部で68枚、22ページ構成。1ページに1枚をどーんと入れ込んだページもあれば、6枚を並べたページもあり、平均して3枚程度入れたので意外とコンパクトに収まりました。写真選びからここまでだいたい2~3時間ほどかかりました。

できあがったら「ブックを購入」をクリックして注文します。注文する冊数を入力し金額を確認して「チェックアウト」をクリック、クレジットカードで決済確認したらデータが送信され注文完了です。なお、注文にはApple IDが必要。

今回は1冊3750円。両家の実家にあげるのを含め3冊を注文。消費税・送料込みで12180円でした。到着は6~10営業日後ということで、とても楽しみにしています。


【追記】


アルバムが届きました!

1000001913.JPG
iPhoto上で作成したものとほぼイメージどおりです。カバーには真ん中にアップルロゴが。

1000001919.JPG 1000001918.JPG
色も紙質も特に不満はありません(黄色っぽいのは部屋の照明のため)。プロが撮った写真だけでなくコンデジやiPhoneで撮ったものも混ざってますが、きれいに収まっています。

1000001917.JPG 1000001916.JPG
装丁もしっかりしてます。ハードカバーの割にページが少なくややバランスが悪いのは仕方なし。表3にもアップルロゴと「Made on Mac」が。数十年後に見直すときに「あのときはMacってあったなー」と思い出すことになるんでしょうか。

出来上がりにはとても満足してます。式場に作ってもらうのに比べると質感は下がりますが、自分たちで撮ったものを載せたり編集したりしたアルバムなので思い入れも強くなります。

デジカメで撮った写真をそのままにされることが多いですが、一生残したいものはぜひこうしてアルバムに残しておくのもことをおすすめしたいですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。