スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MacBook Air13インチとMacBook(Pro)を比べてみた

R0014449.jpg
新MacBook Airの13インチモデルを買いました。Appleストアでチューンし、以下のとおり今のところの「最高スペック」にしました。

CPU:Intel Core2Duo 2.13GHz
メモリ:4GB
SSD:256GB

これまで使ってきたMacBook[MB466J/A](Mid2008)のリプレースで、自宅・モバイルを通してこれ1台で済まそうと思ってます。このMacBookは現在販売されているMacBook Proと同じアルミ仕様で、スペックもそこそこあったので使い続けられないこともなかったのですが、もう少し軽ければもっと持ち歩く気になって使う機会が増えると思ったのと、あとは物欲の勝利ですw

すでに他でMacBook Airの紹介や写真を多数見られますので、ここではMacBook(Pro13インチ)との筐体デザインの比較したいと思います。

R0014448.jpg
上に乗っているのがMacBook Air。スクリーン周りのデザインが大きく違います。

R0014459.jpg
横に並べてみると、写り込みがMacBook Airの方が大幅に軽減されているのがわかります。これはMacBookが液晶の前にガラスが張られているから。ただ、MacBookを使っているときはあまり気になりませんでした。液晶に手で触れるとMacBook Airは波打ってしまいますが、MacBookはガラスがガードしてくれます。


R0014458.jpg
MacBook Airは解像度が1200×800から1440×900に上がり、1画面に表示できる情報が増えたのもポイントです。

R0014453.jpg
MacBookにはスリープ時に柔らかく点滅するホワイトLEDライトがありましたが、MacBook Airでは省略されています。


R0014446.jpg
同様に側面にあるバッテリー残量を示すLEDライトもMacBook Airにはありません。

R0014456.jpg R0014457.jpg
本体の厚さは歴然。さらにMacBook Airは手前にいくほど薄くなっていることもよくわかります。


ここには載せてませませんが、キーボードバックライトが新Airからなくなっており、MacBookの方がより「Macらしい」気がします。視覚的なデザインにおいて、個人的にはMacBookの方が好みですが、機能性では当然MacBook Airの方が上です。

そしてスピードは圧倒的にMacBook Airが早くなってます。再起動にかかる時間を比べてみました。

MacBookが約1分かかったのに対してMacBook Airは約15秒で操作できる状態になりました。MacBookの方が長年つかってきて「ゴミ」も溜まっているので遅いのは当然ですが、それにもましてMacBook Airの早さが際だってます。

再起動だけでなく、アプリの立ち上がりやデータの読み書きなども「次元が違う」といっていいほどMacBook Airの方が上。これがハードディスクとSSDの違いでしょうか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。