スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UQ WiMAX URoad-7000試用レポート(東京駅付近にて)

2010072404.jpg
UQ WiMAX「URoad-7000」レポートの2回目。今回は家の外で試用してみました。ただ、なかなか時間がとれず返却期限が迫ってきているので、まともにテストができたのは1日だけでした…

使用した場所は東京駅近く、丸善が入る「OAZO」1階のカフェテラス。今回もイーモバイルの「Pocket Wifi」と比べてみました。

○UQ WiMAX「URoad-7000」
下り受信速度: 3.4Mbps(3.40Mbps,425kByte/s)
上り送信速度: 1.5Mbps(1.53Mbps,192kByte/s)

●イーモバイル「Pocket Wifi」
下り受信速度: 1.4Mbps(1.41Mbps,176kByte/s)
上り送信速度: 630kbps(637kbps,79kByte/s)

今回はUQ WiMAXの圧勝。UQ WiMAXは前回のテストと同じく電波状況がMAXではない黄色のランプだったのですが、スピードは上り下りとも倍以上でてました。

UQ WiMAXが都心に近いほど電波が強いというのはわかってましたが、本体に表示される電波状況は同じでも、地域によって速度に差が出るようです。一方、イーモバイルは電波が届けば地域に限らずスピードの変化が少ないようです。これがWiMAXと3Gの違いでしょうか。

なお、UQ WiMAXは都営地下鉄の全駅で使えると聞いていたのですが、私の試用機ではほとんど通信できませんでした。よくよく調べてみると、無料オプションである「UQ Wifi」への加入が必要のようです。もし使われる方がいらっしゃいましたらご注意を。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。