スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「HOME'S(ホームズ)」iPhoneアプリ開発者の話を聞いてきた

R0013915.jpg
先日、「HOME'S」のブロガーズミーティングにお邪魔してきました。

HOME'Sはネクストという会社が運営している不動産や住宅の情報サービスで、Web/ケータイで賃貸や分譲物件を探せるほか、昨年にはiPhoneで賃貸物件を検索できるアプリをリリースしてます。私も今年5月から住んでいる家も(相方が)このiPhoneアプリで探しだした物件であり、また物件探しのWebサービスという面で仕事が近いので、いろいろ興味深い話が聞けました。
HOME'SのiPhoneアプリは昨年12月から無償で提供されており、この分野ではかなり早いリリースにもかかわらず、とても完成度が高いと思います。実は私の会社で提供している中古車探しのアプリ「Gooクルマ情報」も、HOME'Sを参考にさせてもらっています。

このHOME'Sアプリの開発を決めたのは昨年の10月、つまり2ヶ月というスピード開発だったそうです。不動産は1月~3月が需要期で、それに間に合わせるため。しかも通常業務とは別で毎日19時以降から残業したり、休日にどこかに集まって合宿のような感じで開発したとか。傍目には楽しそうですが、体力や精神的にかなりきつかったんじゃないかとお察しします。

R0013916.jpg R0013917.jpg R0013919.jpg
(技術マネージャーの檄文で、アプリ開発を外注に任すのではなく、エンジニアである自分たちが作ることに。しかしiPhoneやMacを持っておらずそれらを買うことからスタート。あるのは2ヶ月後という納期だけ…まぁよくある話…だと困る)


さらにiPhoneアプリは完成してからも気が抜けません。それはアップルのテストに合格しないと無料であっても配布できないから。HOME'Sも2回ほど不合格(リジェクト)されたそうで、あと1回落とされたら需要期に間に合わなかったかもしれなかったとか。

R0013920.jpg R0013924.jpg R0013926.jpg
(納期1週間前にも関わらずバグだらけ。なんとかアップルに提出したものの2回のリジェクト)


そんな苦労も報われ、ようやくアップルのテストに合格。そしてめでたくリリース…したのはよかったものの、初期バージョンは安定性にやや問題があったようでアプリが落ちてしまうことが多く、AppStoreにはかなりキツイ言葉がついた評価が並んでしまったそうです。中でも「とりあえずリリースした感が。なめてるなーと。」というコメントはへこんだそうで。

私もアプリが開発されるまでの苦労や状況を少しは知っているので、こういうコメントがこたえるのはわかります。もしそのアプリに期待をしてくれているなら、罵声よりどこを直してほしいという具体的な指摘や、励ましの言葉くらいかけてあげた方が、結果的にみんなハッピーになれると思うんですけどね。ちなみに日本のAppStoreレビューは世界で一番民度が低いという話もありました。

R0013929.jpg R0013935.jpg
(良くも悪くもユーザーからのダイレクトな反応が来るのがiPhoneアプリ。このほか、Androidやセカイカメラなど様々な取り組みを始めているそうです)

話が逸れましたが、HOME'Sアプリもバージョンを重ねて安定性を増し、賃貸検索アプリの定番になっています。またAndroid版の開発やセカイカメラに物件情報の掲載、Twitterなどソーシャルメディアも活用されていて、いろいろ参考になることが多いので、今後も注目していきたいです。

あと一つ、社内に熱いエンジニア組織がいるのっていいなと思いました。社外に製作をお願いするものいいけど、実際にがんばって作っている人が近くにいると、プログラムを書けない自分にも何かしたいって思っちゃいますよね。


○HOME'Sのホームページはこちら
○HOME'SのiPhoneアプリはこちら


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。