スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新VAIO Pはどこが変わった!? 「SONY VAIO COMING-OUT Party」に行ってきました

20100510VAIO01.jpg
VAIO Pといえば、やっぱりこれだよね。
このカットを撮れただけで、ぼかぁ満足だよwww


…それはさておき、奇しくもiPad予約開始日に発表された新VAIO Pのお披露目イベント「SONY VAIO COMING-OUT Party」に行ってきました。
20100510VAIO02.jpg 20100510VAIO03.jpg
VAIO Pは最初の写真のようにデニムのポケットに入るCMなどで人気となったVAIO type Pの後継機種。今回、外に持ち出すPCというコンセプトはそのままに、大きさを維持しつつCPUやバッテリーなどの基本性能を強化したほか、デザインや使い勝手を大幅に変えたのが見どころです。

20100510VAIO04.jpg 20100510VAIO05.jpg 20100510VAIO06.jpg

デザインは、メタリック系が中心の男っぽい前モデルから、ポップな色づかいとマットな質感で女性らしい柔らかなイメージに変更。特に側面をタオルを巻いたような感じに見せる演出がされています。

20100510VAIO08.jpg 20100510VAIO09.jpg

また、液晶の両脇でマウスポインタを操作できたり、モーションセンサーにより本体の傾きを感知してブラウザの「進む」「戻る」のジェスチャー操作や、縦に持つことで画面が90度回転し縦長ディスプレイとすることができるなど、新たな使い方も提案されてました。特に縦画面はTwitterのTL表示にはとても威力を発揮してました。

20100510VAIO061.jpg 20100510VAIO07.jpg

これらの実現の裏には、様々なテクノロジーや工夫が詰め込まれており、前type Pが大人気だった去年の3月にはすでに開発がスタートしていたそうです。


■UStream VAIOがほしい!

そんなデザイナーやエンジニア、その他様々な方の心血が詰まった新VAIO Pですが、個人的にはもう一歩、何かが足りない気もしました。

ちょうどiPadが出てきて、新しい波が押し寄せようとしている今、昨年ブレイクしたこのエッジの効いたPCが今年も注目を浴びるには、iPadではなし得ないもうひと提案が必要なのではないかと。

20100510VAIO101.jpg

例えば、今ホットなWebサービスの一つであるUStreamを使った動画のストリーミング配信に最適化して、かつてのVAIO C1やVAIO GTのように回転できる高画質カメラなんかを搭載できれば、それこそ今までの枠を超えたエポックメイキングなPCになるんじゃないかと思います。

ソニーの担当の方にそんな話をしたところ、この薄さでそういったカメラを搭載するのは無理とのことでした。が、ダダ漏れのそらのさんに機材を提供されているように、こうした分野には積極的な姿勢を見せていますし、なんと言ってもVAIO(Visual Audio Intelligent Organizer)ですから、きっとすでに企画・開発に着手されていると期待してます!


■おまけ1

会場にiPad(技適マーク入りwww)を持ち込み、VAIO PをBluetoothキーボードとして操作できないかと試している方もいました。残念ながらうまくいかなかったようです。。。
20100510VAIO10.jpg


■おまけ2

スーツのポケットにも入ったよー!
20100510VAIO11.jpg 20100510VAIO12.jpg


VAIO P 製品ページ
スペシャルコンテンツ Coming-Out
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。