スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pocket WiFiレビュー:バッテリー切れ対策でiPad発売後も安心!

前回に続きイー・モバイルからモニターとしてお借りしたPocket WiFiのレビューです。(もう自分のを買って貸し出し機は返しちゃいましたが)

20100509pocketwifi01
前のエントリーのとおりiPadを試用する機会がありました。早速Pocket WiFi経由でインターネットに接続…と書きたいところですが、海外で購入した機器のWiFiを国内で使用することは法規的に問題があるようなので、はっきりしたことは書けません。とりあえず「問題なかったと思う」ということでw。


で、本題のレビューです。Pocket WiFiは5台までの無線LAN搭載機を同時にインターネットへ接続できることが大きな特徴ですが、たとえPC1台しか使用しなくてもモバイル用途で大きなメリットがあります。

「PCを広げる前から電波状況がわかる」

20100509pocketwifi02
Pocket WiFiは電源を入れれば電波状況がすぐにわかり、例えばカフェでどのあたりならネットにつなげやすいかがわかります。従来のデータ通信カードは一度PCを広げて管理画面を見てようやく電波が入っているか確認できましたので、そこでネットにつなげられないと、また席を移動して確認して…と非常に面倒でした(そもそも入ったお店全体で電波が届いていないようであれば大ショック!)


USB端子を占領しない

ネットブックやMacBook Airなど、USB端子の数が少ないモバイルPCでは非常にありがたいです。私が使っているMacBookではSDカードリーダーが内蔵されておらず、デジカメの写真をアップするのにいちいちリーダーを抜き差ししなければならなかったので、それと干渉することがなくなり非常に楽になりました。


充電中にネット接続できない仕様と解決方法

一方、気になるのがバッテリーのもち。公称で5時間となっておりデータ通信容量や頻度にかわりますが、液晶にあるメーターの減りはそれ以上に早く感じました。バックでTwitterなど自動的に更新されるページやアプリを立ち上げっぱなしにしておくと、かなりのスピードで充電が必要な状態になりそうです。

そこでUSBでPCや充電器と接続して充電しようとするわけですが、Pocket WiFiには充電中にネットへ接続できないという困った仕様があります。私は「エネループ スティックブースター」という、単3乾電池でiPhoneなども充電できるものを使ってますが、これを使った充電でもネットに接続してくれません。

ここで役立つのが、以前にイー・モバイルのブロガーズイベントで非公式として教えていただいた「UCC-05M(W)」という製品。これをPocket WiFiとUSBケーブルの間にかますことで、あら不思議。PCだろうとUSB充電器であろうと、充電中でも何ごともなかったかのようにネットにつながります。当たり前のようでできなかったことができるようになりますw

20100509pocketwifi03
UCC-05MWは、楽天のほか大手量販店でも売られていました。値段は380円

20100509pocketwifi07
エネループスティックブースターやPCとの直づけでは充電中はネットに接続できませんが…

20100509pocketwifi04
UCC-05MWをかませば、充電をしながらネットに接続することができます。

おそらくUCC-05M(W)は、中で電源供給以外の信号をカットしているんじゃないかと思います。値段から見てもそれほど複雑なことはしていないでしょう。

Pocket WiFiは、使用中の電池の減り以外にも、使い終わった後に接続や電源を切り忘れて、いざ使おうとしたら電池の残りがほとんどなかったということが結構あるので、そうした場面でUSB充電器とこのUCC-05M(W)があると、非常に便利です。


このほか電源対策として、ビサビから発売されるPocket WiFi専用の大容量バッテリー「HLI-E5830XL」もなかなか使えそうです。
20100509pocketwifi05

20100509pocketwifi06
純正バッテリーの1,500mAhを大幅に上回る3,900mAhの容量だそうで、おそらく標準に2倍強は稼働できるんじゃないかと思います。本体がバスタブのような形になり重さも約1.5倍に増しますが、ヘビーユーザーには有り難いのではないでしょうか。

---

ところで先日、iPadの価格や料金体系などが発表されました。ヘビーに使う方であれば3Gがオススメかと思いますが、すでにiPhoneを含め2台、3台と回線契約している方にとって、また月額料金が増えるのはイタイところ。Pocket WiFiはiPadとPCのデータ通信をカバーできるので、私はこれとiPhoneの2回線で当面は続けようと思っています。

この場合、Pocket WiFiは「2ねんMデータプラン」で月々4,980円、iPhoneは「ホワイトプラン(i)」+「S!ベーシックパック(i)」+「パケットし放題フラット」で5,705円+通話料、合わせてだいたい月12,000円程度になります。(蛇足ですが、以前イー・モバイルが展開していたADSL永久無料キャンペーンに加入しているので、自宅のネット接続が含まれた金額です :-) )


SANYO NEW eneloop スティックブースター USB出力専用ブースターセット(単3形2個セット) KBC-D1ASSANYO NEW eneloop スティックブースター USB出力専用ブースターセット(単3形2個セット) KBC-D1AS
(2010/01/21)
三洋電機

商品詳細を見る


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。