スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPadに裁断・スキャンした本や雑誌のPDFなどを表示させ読みやすさを検証

遅ればせながらiPadを試用できる機会がありました。すでに使用感についてはあちこちで紹介されておりますが、個人的に気になっていた電子書籍用途、特に紙の本や雑誌を裁断し、ScanSnapでスキャンして作成したPDFがどこまで読みやすいかを、用意できたデータを表示させてみました。アプリはGoodReader for iPadを使用。


○ソフトカバーのビジネス書(仕組みの仕事術)

20100508ipad01
比較的字が大きく行間の広くて読みやすい本です。1ページ全体を表示しても文字を拡大する必要がなく読むことができました。
○コミック(ナニワ金融道)

20100508ipad02
文字が多めのページでも全体表示で問題なく読めました。


○ビジネス雑誌(東洋経済・月刊アスキー)

20100508ipad03 20100508ipad04

縦表示ではやや文字が小さく、目を凝らさずに読むには拡大し、スクロールさせる必要がありました。1ページごとに拡大するのはややストレスがたまるので、iPadを横に持って自動的に拡大させた方が読みやすかったです。


○PDF誌(Evernoteハンドブック)

20100508ipad05
そのままでも十分に読めましたし、拡大に合わせて文字をスムージングされるので、一番読みやすかったです。


○産経新聞(iPhoneアプリ)

20100508ipad07 20100508ipad08 20100508ipad09
iPadへの正式対応はされてませんが、2倍拡大表示しても記事の文字にはスムージングがかかりとても読みやすく表示されます。周りに黒枠が残るのが残念ですが、1段階拡大すれば文字が十分に読める大きさになり、さらにiPhoneに比べ表示できる領域が広いので、こまめにスクロール必要がありませんでした。iPhone版を使ったことがある方なら、きっと感動しますよ!


このように1ページのみ表示するのであれば、ほぼ問題なく読むことができました。ただ現状では若干不満もありました。

まず、2ページにわたる見開きを表示できなかったこと(少なくともGoodReaderは)。もしかしたら他のPDF表示アプリでは可能かもしれませんが。AppleのiBook StoreはiPadを縦にすると1ページのみ、横にすると自動的に2ページ見開きを表示できるので、iPad対応のPDFリーダーアプリにもそういった機能を搭載したものが出るといいなと思います。

もう一つ、拡大・縮小の操作性がイマイチなこと。Good Readerで拡大・縮小するにはピンチイン/アウトが一般的な操作方法ですが、ダブルタップすればより簡単に拡大ができます。しかし、縮小させるにはピンチアウトするか、下にボタン群を表示させ、等倍ボタンをタップする必要があり、やや面倒です。

その点、産経新聞はダブルタップで2段階まで拡大し、さらにダブルタップをすると全体表示に戻るようになっているため、ピンチイン/アウトをせずとも拡大縮小ができ、非常に使い勝手がいいです。

このように少し不満点があったものの、iPhoneに比べ格段に読みやすいことがわかりました。これで今後心置きなく本や雑誌の裁断&スキャンができますw


FUJITSU ScanSnap S1500 FI-S1500FUJITSU ScanSnap S1500 FI-S1500
(2009/02/07)
富士通

商品詳細を見る


プラス 断裁機 裁断幅A4 PK-513L 26-106プラス 断裁機 裁断幅A4 PK-513L 26-106
(2009/09/01)
プラス

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。