スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FIAT500C「8000円レンタカー」で湘南から三浦、横浜をドライブしてきました!

2010043001fIAT500
FIAT 500Cのレンタカーで湘南-三浦-横浜をドライブしてきました。

FIAT500Cは「チンクエチェント(現地語で『500』)」と呼ばれるイタリア・フィアットの大衆車のオープンモデルです。日本ではまだほとんど走ってなく、レンタカーとして借りられるのは全国でもここだけとか。

今回は通常14700円のところ、8000円(任意の保険を入れると最高約9500円)で朝9時から夜19時まで10時間乗れる、6月30日までの期間限定キャンペーンを利用しました。なおキャンペーンには以下の制約があるそうです

●アンケートに回答
●プライムメンバーズクラブ会員(利用時の入会可能)
●自家用車の預け入れは不可、電車等で来店のこと
●代金の支払いはクレジットカードのみ
(詳しくはニュース参照)

私はもともとクルマは1年でも数回乗る程度で、運転自体それほど好きなわけでもないのですが、仕事上、クルマの情報に触れる機会があり、数あるクルマの中でもFIAT500のデザインが大好きだったわけで。多分これが今年最初で最後のドライブでしょうw
■オシャレで目立つ、ちょっと変わったイタ車

そんなわけで前日に予約し、当日は仕事より早く埼玉の家を出て朝9時に横浜市のセンター南駅近くにあるオリックスレンタカー港北センター南店にやってきました。いたいた、今日の相棒!カラーはスタンダードな「ボサノバホワイト」。

2010043002FIAT500

イタリア生まれだけあって国産車とは少し運転の仕方が違ってました。まずウインカーとワイパーが左右逆。そしてギアシフトは「N」と「R」しかなく、Nでサイドブレーキをかけるとパーキングになり、左に入れるとシフトチェンジやオートにすることができる仕組み。すぐに慣れましたが、このギアが後でトラブルを起こすことに…

2010043006FIAT500 2010043004FIAT500 2010043008FIAT500
乗り心地は日本車に比べ少々難ありかな。特にATのシフトチェンジのタイミングが遅いので加速も遅い。あと、ハンドルをあまり切れないので、見た目より小回りがききづらかったかもです。

2010043007FIAT500 2010043008FIAT500 2010043007FIAT500
そして小さいながらも結構目立つ痛車…、もといイタ車だけあって、特に人が多い場所では結構ジロジロ見られてました。まぁ、以前は「セラ」というもっと目立つクルマに乗っていたことがあったので、あまり気にならず天井をオープンにしてましたが。ちなみにオープンカーを運転するのは生まれて初めてでした。


■湘南から三浦をとおり横浜へ抜けるオススメルート

2010043009FIAT500 2010043010FIAT500 20100430011FIAT500

まずは横浜青葉ICから厚木ICまで東名に乗り、その後国道129号で南下。茅ヶ崎に着いてからは海沿いに江ノ島、逗子、三崎、横須賀、そして横浜へと。GW中ながら間の平日なので大きな渋滞もなく順調、順調でした。ちなみにお昼は三崎の「くろば亭」で中トロ丼をいただきました。

以下は今回走った中でも特に印象的だった道です。

・江ノ島から鎌倉へ続く国道134号線
左に江ノ電、右に海辺が見ながら走るご存じの方も多い道。いつも混んでますが、海をゆっくり眺められ、特に晴れた日の眺めは最高というしかありません。

・県道215号線から国道139号線に合流する三浦海岸
ここもしばらく海沿いを走れます。特に三浦半島の先っぽの方にある剣崎から金田湾に入るあたりは上から海岸を向こうまで見渡せます。

・根岸から山手の教会や外国人墓地を抜けて横浜へ
南から横浜に入る際はぜひこのルートを。磯子から本牧へ向かう道の途中にある「根岸不動下」という交差点を左折し丘を登ると、下界とはちょっと違うハイソな雰囲気の街並みに。根岸森林公園から道なりに走ればフェリス女学院や山手の教会、外国人墓地の前を通って港の見える丘公園へ。坂を下りればみなとみらいにたどり着きます。


■ギアが入らない!!

2010043011FIAT500
今回、かなり焦ったのがコレ。軽い渋滞にはまり、しばらく停車したあと走り出そうとしたところ、ギアがNのまま動かず、エンジンが空回り。いくらシフトを変えようとしても、アクセルを踏んでも、エンジンを切って再始動しても動かない!!対面の2車線だから後ろはつっかえてしまいクラクションを鳴らされるけどどうしようもなし。

幸運なことに、目の前にコンビニの駐車場があり、さらにたまたま近くを歩いていた人が気づいて、そこまで押してくれて退避することができました。いやぁ、怖かった!

早速レンタカー屋に電話すると、聞いたことのない事例だというのでメーカーに問い合わせ。そこで返ってきたのが、フットブレーキを何度か踏んでみてくださいと。早速何度か強く踏んでみると、ようやくギアが入った入った!

理由はフットブレーキをクルマのコンピュータが認識しなかったことのようで、軽く踏んだ状態が続くとまれに起きることがあるとか。ATはフットブレーキを踏まないとギアが入らない仕組みだからだけど、フットブレーキを認識しなくなるって結構ヤバいんじゃないかな。

F1などでギアが入らないというのを何度か見たことがありましたが、まさか自分で体験するとは思いませんでしたw


■普段では乗れないクルマに今後もレンタカーで乗れる!?

そんなトラブルに遭いながらも18時半には無事帰着。走った距離は約150Km程度で、ハイオクのガス代は1900円程度でした。

終了後にアンケートを書きましたが、そこには「高級スポーツカー」「海外小型車」「オープンカー」「絶版車」「旧車」それぞれにレンタカーがあれば乗りたいか、という質問がありました。もちろん乗りたいクルマがあれば!ちなみに私はすぐ思いつくところで「CR-Z」「ミニ」「コペン」あたりがあれば、また乗りに来たいですね。

今回もそうでしたが単なる足ではなく「他では乗れない、このクルマに乗りたい」というレンタカーサービス。ぜひ広がってほしいものです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。