2010年01月

【下ネタ】ヴィレッジヴァンガードで流れてた「Aカップ、Bカップ、Cカップ♪」の歌がウケる件

まぁ、とりあえず聴いてみて。



個人的にはBカップから評価が落ちていくところがたまりませんwww

宮崎吐夢さん作曲の「バスト占いのうた」だそうで、アルバム「宮崎吐夢記念館」に収録されているようです。カラオケにあればウケそうですが、メンバーや雰囲気をよく見てから歌った方がよさげですね。

宮崎吐夢記念館宮崎吐夢記念館
(2004/06/23)
宮崎吐夢

商品詳細を見る
スポンサーサイト

sedus「OPEN UP」はデスクチェアの究極系!?

自宅で机に向かうときに座る椅子の買い替えを考えてます。PCや物書きなどの事務作業で体に負担がかからず、かつリラックスして読書ができるリクライニングを備えたもの。アーロンチェアが有名ですが、まぁそのあたり。(ちなみに今使っているのは、5年ほど前にかっこつけて買ったイームズのDSR

先日から何件かそれらがありそうなお店をまわっているのですが、結構いいお値段しますね。アーロンチェアが新品で定価が15万円程度のようで、それが最上級クラスかと思っていたら、20万以上のものがあちこちに。

値段はともかく、まずは自分にぴったりくるものはないかと店員に聞いてまわったところ、秋葉原のヤマギワ・リビナでオススメされたのが「sedus(セダス) OPEN UP」。見た目はスマートながら背もたれ、ヘッドレスト、アーム、、リクライニングなどを柔軟かつ自在に調節することができるとか。

2010013101sedusopenup
実際に座ってみると、確かにすごい。机に向かうときは椅子も前傾姿勢となり、背もたれからヘッドレストもついてきます。背中や頭に前屈みになっているにもかかわらず、体から頭までを後ろに預けていられるという不思議な感覚になります。アームも高さや角度をフレキシブルに調節できヒジ置くことが可能。

リクライニングもかなり深くまで倒せ、しかも体を左右に傾けるとそれにあわせて背もたれがうねうね付いてきます。これなら余裕で寝られそう。もちろん余程大きな寝返りでもうたないかぎりひっくり返るようなことはなさそう。

つまりどんな姿勢であっても、太腿から両手、頭までの体の裏側にあたる部分に椅子が体に合わせてついてきて、カバーしてくれるわけです。

見た目だけでも社長椅子とよばれる大きなものなら、最近ではイケアなどに行けば1万円前後から買うことができますが、これらは可動する部分が少なめ。体を椅子に合わせなければならず、たとえひとつの姿勢でフィットしても、それ以外は対応しないわけです。値段の高いものほど体に合わせて椅子も動き、どんな姿勢でも体の多くの部分を預けられるようです。OPEN UPは一般で買える現在の究極系かもしれません。

こりゃOPEN UPでキマリ!…にしたいわけですが、問題は値段ですね。背もたれがメッシュのもので定価¥22,6000(税抜)。この椅子でずっと仕事をするならそれだけ投資する価値があると思いますが、今の生活で座れるのはせいぜい週末の数時間程度。ちょっと手が出ません。名刺付きの商品資料までもらっちゃったんですけどね…
2010013102sedusopenup

そんなわけで今狙っているのが、アーロンチェアの中古。フル装備でヤフオクなら5万円前後で買えそうだし、今後引越などで使えなくなったとしても壊さなければリセールバリューがある。ここまでOPEN UPの話をしておきながら、現実的に考るとそこが妥当のようです^^;

ちなみにここ↓がOPEN UPやアーロンチェアなどの比較について詳しいです。
優しいChairの選び方

アーロンチェア グラファイトカラーベース ポスチャーフィットフル装備 Bサイズアーロンチェア グラファイトカラーベース ポスチャーフィットフル装備 Bサイズ
()
HermanMiller(ハーマンミラー)

商品詳細を見る


イームズ サイドシェルチェア DSR ホワイトイームズ サイドシェルチェア DSR ホワイト
()
イームズ

商品詳細を見る

オムライスと牛タンの異色コラボ、でもむちゃウマ!恵比寿「チャモロ」のやわらか厚切り牛タンオムライス

2010013003やわらか厚切り牛タンオムライス
フレンチからラーメンまで美味しいお店の激戦区といわれる恵比寿。先日買ったB級グルメムック「ガツめし」を頼って来たお店が、恵比寿南交差点近くにある洋食屋「チャモロ」。お目当ては「やわらか厚切り牛タンオムライス」。何でもお客さんの声から生まれたメニューだそうです。

バターが香るフワフワオムライスに、6時間かけて煮込んだトロットロの牛タンを乗せられ、自家製デミグラスソースがかけられて出てきました。これまで見たことなかったのに、食べたら「何で他ではないんだ」と思ってしまうほど相性抜群でむちゃウマ!!

お値段はサラダと味噌汁がついて1500円(ランチはドリンク付き)。同じ金額でご飯を大盛り・小盛りにもできるのでガッツリ系でも小食でもOK。他にも海老フライやきのこのオムライスや、牛タン塩焼きなどバリエーションがあり、ワインも充実しているようです。

2010013004チャモロ 2010013005チャモロ
お店は階段を下った地下にあり、15人程しか入れない店内は常に満員になってました。

チャモロ (洋食 / 恵比寿、代官山、中目黒)
★★★★ 4.0



首都圏ガツめし (ぴあMOOK)首都圏ガツめし (ぴあMOOK)
(2009/10/02)
不明

商品詳細を見る

『外へ出て人と会えよ』といわれたらこれを読め→「会社って楽しい?(美崎栄一郎)」

2010013001会社って楽しい?

一見すると、就業時間中に会社内で仕事を楽しくするためのノウハウ本。でも実は会社の外で仕事以外の時間を充実させることで、仕事まで楽しくしてしまう方法が書かれているのがミソです。

よく「モチベーションが上がらない」「目標とする人が社内にいない」という悩みを打ち明けると、「(会社の)外へ出かけて人と会えよ」というアドバイスをもらうと思います。でも何の目的もなしに出ていっても、そうそう解決できることはありません。具体的にどうしたらいいのか、この本にはその答えがいくつもちりばめられています。

具体的には、各地で行われている勉強会に出ようというのが趣旨です。

1.自分に合う勉強会を見つける
2.疑問や不安に感じることを解消する
3.楽しみながら知識や人脈を得る

これら「勉強会攻略法」が、短時間でわかります。あとはあなたが動き出すかどうか、というところまで連れて行ってくれるでしょう。

敷居の高さや偏見を感じさせないために表紙やカバーに「勉強会」という言葉をあえて使ってないところや、各章ごとのまとめを読むと、このタイトルはよく考えられているなと思います。


さらにこの本は、ビジネス書でありながら小説として話が展開します。いくつかタイプの違った人物が次々と出てきて、上に書いた3つの攻略法をお互い(そして読者)で共有していきます。

この本を手にする人は、おそらく出てくる人物の誰かに自分を重ね合わせることができるでしょう。そして「教えてもらう」のではなく「疑似体験」として、他のビジネス書よりスムーズに読み進めることができるんじゃないかなと思います。

同じような小説風ビジネス書(ちょっと萌え入り)として「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」などが売れているようで、今年はこうした本が流行るかもしれませんね。

2010013002会社って楽しい?
実はこの本、著者も登場していた「勉強会まつり2010」というイベントに参加したときに買いました。私自身、よくイベントごとには参加してますが、「勉強会」には興味を持ちつつも少し抵抗を感じていました。

でも勉強会というのは、まじめな人達が難しいことを言い合うものではなく(そういうのもあるかもしれませんが)同じことに興味があったり、近い目標を持つ人たちが気軽に集まって楽しむイベントであることが、この本や勉強会まつりでわかりました。

会社って楽しい?会社って楽しい?
(2010/01/28)
美崎 栄一郎

商品詳細を見る


筆者のページで1章が無料ダウンロードできます。

一般誌の鉄道特集が面白い!

2010012401鉄道特集
週刊ダイヤモンドの臨時増刊「This is JR」とプレジデント50+の別冊「鉄道と旅 入門」を買いました。どちらも有名なビジネス誌の特別編集版ですが、かなり趣味に走った内容となってます。

This is JRは、昨年10月頃に発売された同誌の特集「JRの秘密」を再編集したものだそうです。

完売店も目立ったゆえ、購入できなかった方も多々おられると考え、再登場となった次第です。(中略)渦中の話題には最新データを加えてあります。

昨年の本誌発売時には未掲載だった写真も追加。また、「500系のぞみ」の運転台同乗記を筆頭に、SLや貨物列車や廃線跡巡りなど、マニアックな記事も増補しました。(巻末の「From Editors」より)


以前、このブログで書いた「JR東日本の車両置き換えが早い理由」も「JRの秘密」の記事を読んで書きました。鉄道専門誌にはない視点からJRの現状を捉えており、鉄道好きならライトからマニアックな方まできっと楽しめる1冊になってます。

一方、プレジデント50+の方は、ビジネスとはほぼ関係なく、鉄道の旅に終始した内容となってます。全ページにわたって写真が豊富で眺めているだけでもワクワクする。名前からしておじさま向けですが、アラサーな私でもヘタな鉄道記事よりずっと楽しめました。

言うまでもなく私は鉄道好きですが、他にも趣味というか時間やお金をかけたいものがあって、どちらかというとテツ分は薄い方だと思います。そんなレベルだと鉄道専門誌の内容はちょっとヘビーなんです。週刊ダイヤモンドなどの記事は、やはり他の話題も書いている編集者たちが作ったものなので、あまりマニアックに走っておらず「ちょうどいい」んですよね。最近は私のようなライトな鉄道好きが増えたのか、いろいろな雑誌で特集が組まれていて、出る度に買って楽しんでます。

2010012402鉄道特集
週刊東洋経済は一昨年と去年に1度ずつ特集してました。海外での鉄道需要の増加に日本のメーカーが参入する話題や、利便性や市場性から住みたい「駅力」ランキング&格付けなんて記事も面白かったです。

2010012403鉄道特集
去年は「BRUTUS(ブルータス)」や「Pen(ペン)」も特集をしてました。取り上げる話題が違ってたり、同じ話題でもそれぞれの雑誌の切り口が違っていて、その差を見るのも面白いです。

そんなわけで、今年もいろいろな雑誌の鉄道特集を期待してます!

mixi Browser miniに見るユーザーの心の掴み方

2010011902mixi Browser mini 2010011901mixi Browser mini
mixi Browser mini」というiPhoneアプリをご存じでしょうか。約1年ほど前に登場したもので、mixiの多くの機能をiPhoneに最適化されたUIで利用できます。

私は登場した初期から使っているのですが、たびたびmixi本体の仕様とズレが生じて使いにくくなるときがあるものの、地道なアップデートを続き、いつの間にか「iPhoneでmixiを使うならこれしかない」と思えるほど使い勝手が良くなりました。

ところが昨年後半、突然開発者から、年末でアップデートやサポートを終了すると発表されました。理由は開発された方のブログに詳しくかかれてますが、mixiの仕様変更の度にアプリのアップデートを続けるのが難しくなったことのようでした。

このアプリをとても気に入っていたので残念でしたが、理由にも納得できるのでやむなしと思ってました。350円の元は十分にとったと思いますし。(Twitterを使うようになってmixiにあまりログインしなくなったというのもある)

しかしサポートが終わった2010年に入り、何と今日までに2度もアップデートがありました。年始にmixiがページデザインを大きく変えたのに対応したのです。事前にサポート終了の告知がされていたので使えなくなることを覚悟していたのですが、これを書いている現在でもmixiアプリやボイスを除いたほとんどの機能を問題なく利用できます。

これにはユーザーが感激したようで、App Stpreの販売ページには賞賛するコメントが溢れており、辛口なカスタマー評価でも、ほとんどのユーザーが★5つがつけています。どんなに優秀なアプリでも、これほど高い評価を受けているものは見たことがありません。さらに、2010年6月まで延長されながらもサポート終了の予定が告知されているにもかかわらず、有料アプリで総合15位につけています(2010 1/19現在)。

評価コメントを見ると、やはりサポートの延長を歓迎するものが多く、他と比べての使い勝手の良さを評価したり、中には再度お金を払ってもいいからサポートを続けてほしいという声まで見られました。

私自身もとてもうれしくなったのですが、一方で冷静な目で見てみると、ユーザーの心を掴むヒントが見えたような気がしました。
・当初の厳しい評価にも関わらず、アップデートを続けて完成度を高めた
・内状を公開してユーザーに理解を求めた
・公言していたサポート終了を撤回してアップデートをしたことで「本気でユーザーを大切にしている」と伝わった

不況の影響もあり、私の身の回りでも「ユーザー第一」といいつつ、直接収益につながらないことができる余裕がなくなってきています。そんな中で仮にiPhoneアプリを作ったとして、なかなか収益・集客に結びつかず厳しい評価を受けたら、どうするでしょうか。

やっぱりカネにならないとほったらかしてしまうか、評価を分析してアップデートをしていくか。後者を続けるのは難しいですが、きっと新たなチャンスにつながるのではないかと思います。

mixi Browser miniにおいても今の状況を見ると次の展開があってもおかしくないと思います。例えばミクシィが開発費を大幅に超える金額でソースを含む権利を買いたいといってきたりとか(本家のアプリがアレですし)、あるいはとてもいい条件で作者をヘッドハンティングしてしまうとか。個人的にはそんなことを期待してしまいます。

Real Design(リアルデザイン)の特集「いま買える未来のデザイン」に衝動買い

2010011704リアルデザイン
1月16日に発売された「Real Design(リアルデザイン)」3月号を衝動買いしてしまいました。特集は「いま買える未来のデザイン」。こういうの好きなんですよね、実際に手に入れられなくても、ある程度は満たされるからw

2010011701リアルデザイン
iPhoneを手に入れて以来、ケータイにはほとんど興味がなくなってしまいましたが、海外の端末の中には目を惹くものがありますね。ノキアやソニエリ、サムスンなどの日本では発売されていない「かっこいい」ケータイが紹介されてます。

2010011703リアルデザイン
”G-SHOCKデジカメ” EX-G1。アメリカですが、こんなのも発表されていたんですね。日本でも1月29日に発売されるそうです。

2010011702リアルデザイン
自転車搭載用iPhoneケース「iCrew」。「マップ」でナビになり、「カメラ」で走行中の動画も撮れる。専用アプリでiPhoneが速度や走行時間、距離などを計測できるサイクリングコンピュータにもなる!もちろん本体をしっかり保護。今年はちょっとだけいい自転車がほしいのですが、買ったらこれも手に入れたいです。


この他にも、クリエイターが薦める「ニッポンの宿」とか、「これだけは知っておきたい名作・定番チェア84」とか、なかなかツボでした。

Real Designはこれまでにも何度か衝動買いしたことがあります。アラサー・アラフォー向けのカルチャー誌(「Pen」や「BRUSTUS」など)と、ガジェット誌(「デジタルギア」や「Begin」「mono」など)の中間あたりのような存在かな。

体裁は凝っているし、写真が上手で紙質もいい。興味ある分野だと思わず手にとって、買う予定がなくてもレジに向かってしまうし、ためにならなくても眺めているだけで幸せになれる。「今後は本をできるだけ電子書籍で買いたい」と思う私でも、これは紙で買いたくなる雑誌です。

iCrewiCrew
(2009/12/20)
MSY

商品詳細を見る


Real Design (リアル・デザイン) 2010年 03月号 [雑誌]Real Design (リアル・デザイン) 2010年 03月号 [雑誌]
(2010/01/16)
不明

商品詳細を見る

「2015年の生活?大して変わらないんじゃねーか。」クーリエ・ジャポン2010年2月号


2010011601クーリエジャポン
買った後にレビュープラスさんから献本していただいちゃいました…1冊は誰かにあげよ。

現在発売中のクーリエ・ジャポン2010年2月号の特集「次の、ITライフ。」を読みました。ARからTwitterまでITのホットな話題を海外のジャーナリストがまとめており、なかなか興味深い内容となってます。

MOBILE:街で気になる情報は、すべてレンズ越しの世界で手に入る(AR)
TV:番組の録画は必要なし次世代テレビは“検索”で!(Hulu)
MUSIC:音楽との“出会い系サイト”が自分の好きな曲を教えてくれる(PANDORA)
GAMES:クラウド化する世界ではゲーム機もソフトもいらない(OnLive)
BOOKS:シリーズの続きはその場で購入 本の電子化で読書量が増える(Kindle)
SOCIETY:新たな政治家やビジネスも「バイラル・ループ」が創る
APPLE:天才ジョブズなきアップルが世界を変えられるか?
MICROSOFT:マイクロソフトが本気で挑むスマートフォンを超えるモノ
GOOGLE:グーグルの次なる戦略とは ? スイスの極秘ラボから見た世界
TWITTER:量産される "つぶやき" の分析がツイッターに巨万の富を生む

Twitterで聞きました 2015年私たちの生活はどう変わってますか?


中でも今年は日本でも電子書籍が本格普及すると言われている中、先を行く米国のトピックは興味深いです。

アマゾンによると、同社の電子書籍端末 Kindle の購入者は購入前と比べて買う本の数が 3.1倍になったという。かつてアマゾンで紙の本を年に平均 8冊買っていた読者は、キンドルを買って以降、平均24.8冊買うようになっていると言うことだ。

(中略)

ソニーも「リーダー」という端末を販売しているが、同社によると、顧客は1ヶ月に平均8冊の電子書籍をダウンロードしているという。これは米国人が平均的な米国人が1年間に買う本の数よりも多い。

(中略)

端末の使い勝手が良いため、以前よりも読書をするようになったと語る電子書籍愛好者は少なくない。


と、電子書籍を使うユーザーの読書量が加速しているとしてます。

米国ではかなりドラスティックに読書スタイルが変わっているようです。これはユーザー、出版業者とも電子書籍に魅力を感じやすい土壌があるからだと思います。

ユーザーは、日本と比べ広大な国土かつ書店が少ない米国ではAmazonへの依存度が高く、さらにオンラインで瞬時に購入できる利便性が加われば、電子書籍の魅力を感じやすいでしょう。一方、出版業者はあまり規制に守られておらず業界全体で売り上げが落ち込んでいる中では、既存の方法以外へハングリーに取り組んでいかなくては生き残れません。

じゃあ日本はどうなるかというと、まぁ音楽の流通がCDからダウンロードへ徐々に移行しているのと同じくらいか、ちょっと早めのスピードで広まっていくんじゃないかと思います。ユーザーは積極的な人から徐々に広まり、コンテンツが充実していくに従って一般にも広がっていく。業界も規制や出版社の積極性はかつての音楽とそう変わらなさそうですから、CCCDと同じような失敗をしてダメなところは淘汰されつつ、変化に対応できるところが生き残ると。

テレビにしろゲームにしろ、あるいはコミュニケーションにしろ、そんなこんなでツールの形や流通方法が徐々に変わっていくのは明らかでしょう。

2010011602クーリエジャポン

では、生活はどう変わるのか。特集の最後にTwitterで「2015年私たちの生活はどう変わっていますか?」という質問を、勝間和代さん、佐々木俊尚さん、佐藤尚之さん、津田大介さん、堀江貴文さんの5人にぶつけた答えが掲載されてます。それぞれ独自の見解を述べてますが、私の考えは堀江さんの答えに近いです。

大してかわらないんじゃねーか。もうIT的には結構進化してるから。

---「進化してるIT」がもっと広まることで、私たちひとりひとりの生活は変わると思いますか?

ITの進化でレイトマジョリティーの生活は今の私みたいな生活になるでしょうね。ショッピングは殆どEC。調べ物は殆どGoogle、Wikipedia。電話せず、メールやSNS中心。地図もセルフGoogleナビみたいな感じになるでしょう。


私も5年前・10年前に比べると、いろいろ騒がれているほど変わったかというと、やや疑問。10年前を思い出してみると、すでにチャットで知り合った人たちとオンライン・オフラインで遊んだり、毎朝の通勤電車ではケータイでニュースサイトを見てたりしてました。やっていることは今とさほど変わっておらず、ツールや手段が変わっただけのような気がします。すでに変革は10年以上前には起こっていて、そこに参加する人たちが増え、選択肢が広がっただけではないのでしょうか。

だから、5年後にITが「生活を変える」かというと、大して変わらないと思います。人生を変える人や本、言葉との出会いとか、生活が変わるきっかけ作りにはなってくれるかもしれませんけど、それはITが変えたんじゃなくて、自らが変えたと言っていいんじゃないでしょうか。

COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2010年 02月号 [雑誌]COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2010年 02月号 [雑誌]
(2010/01/09)
不明

商品詳細を見る

これが大阪流のカレーうどんか!?「得正」湯島店

2010011301得正カレーうどん
トロみのあるルーに、もちもちうどん!

カレーうどん屋「得正」湯島店に行ってきました。得正は大阪発のカレーショップで、公式ページを見るとうどんとライスの専門店を展開しているようです。東京にあるこのお店はフランチャイズのようで先のページには載ってませんが、味はそのまま受け継いでいるようです。

注文したのは「名物カレーうどん(800円)」と「たまごかけごはん(200円)」。

カレーうどんはこの店の看板メニューですが、一般的なカレーうどんと違い、ライスに用いられる底の浅い皿に盛られた太めのもちもちうどんにトロみのあるルーがかけられて出てきました。ルーはやや甘口で牛すじと天かすが入っており、多めのネギとが盛られます。天かすがちょっと変わり種ですが、大阪では普通かな?サクサクしていて意外と合います。トッピングで天ぷらやメンチなどを入れることも可。

ルーもうどんもなかなか高レベルなので、あとはこの組み合わせで好みが分かれるかな?私は好きですよ。以前はレトルトカレーをうどんやソーメンにかけて食べてましたしw

これに加えて意外とイケるのがたまごかけごはん。弾力のある黄身の卵を使い、みりん入りのつゆをかけた、最近流行りの「うまい卵かけご飯」です。ごはんが余ればカレーと一緒に食べてごちそうさま。これで1,000円は妥当でしょう。

2010011302得正
御茶ノ水・本郷三丁目・末広町のちょうど中間あたりの蔵前橋通り沿いにあり、ややアクセスが悪いですが、一度行ってみる価値はあるかと。

ちなみに近くにはカレーうどんの評価が高い「竹や」というお店がありますので、いずれそちらについても書いてみたいと思います。

得正 湯島店 (うどん / 御茶ノ水、末広町、湯島)
★★★★ 4.0

東大宮「ジャンクガレッジ」は大人の食べもの?

2010011101ジャンクガレッジの特製まぜそば
東大宮にある「ジャンクガレッジ」で特製まぜそばを食べてきました。

誤解を恐れずにわかりやすく言ってしまえば「二郎系の油そば」。太麺に背脂たっぷりの少ない汁と絡めて食します。さらに「特製」のトッピングとしてチーズ、エビ辛マヨネーズ、ベビースターなども入れて…と、二郎にまけないジャンキーっぷりです。量が無茶苦茶多いわけではないのが救い敷居を低くしてます。

味は、いい意味でも悪い意味でもこの店へ好んでやって来るような人向き。ベビースターを入れている時点で、美味しくというより楽しんで食べるようなもんです。エビ辛マヨネーズの味が結構濃いので、スープの味を楽しむのであれば特製ではないまぜそばの方がいいですね。

ちなみに店に入るまで20分程並びました。あと、この店の常連っぽい人はまぜそばよりラーメンの方を食べている人が多かったようでした。もちろん二郎系ですw

ところで、こういう店にはほとんど男性しか来ないと思っていたのですが、土地柄か子連れの家族で来ている人がいました。子供にこっち系のラーメンを食べさせるのはどうなんでしょう。個人的には、分別のつかないうちから覚えさせたくない、ある意味大人の味だと思います。

マクドナルドで食事したら献血を断られたというのが話題になってますが、二郎もジャンクガレッジもきっとアウトですよ。

2010011102ジャンクガレッジ 2010011103ジャンクガレッジ

ちょっとお高め? 浅草「佐久良」のビーフシチュー

201001101ビーフシチュー
フォンドボーの出汁の味に、大きめにカットされながらも丁寧に煮込まれた和牛の繊維が口の中でホロリとほぐれる。人参も甘く美味。

ただ、浅草の老舗洋食店とはいえ、ちょっと高いかな…。違いがわかる自信のある方はどうぞ。

ビーフシチュー2,200円+ライス300円。

ノスタルジックなスカイツリー&東武伊勢崎線

20100110スカイツリー
久々の撮りテツです。

「あの頃はスカイツリーも建てている最中でさ…」

数十年後、こんな写真を見ながら懐かしんでいるんでしょうかね。

東武伊勢崎線 業平橋-曳舟


大きな地図で見る

この3連休は大宮にいくとマクドナルドのビッグアメリカシリーズを制覇できる!

2010010921大宮

タイトルはここのパクリですw

前のエントリーでマクドナルドの新バーガーの試食会の模様を書きましたが、私の地元である大宮では、駅を挟んだ4店舗でそれぞれ4つのバーガーが8日から11日まで限定発売されていました。これも何かの縁!ということで、それぞれを覗いてきました。

まずは東口から…

ニューヨークバーガー:大宮東口店
2010010921大宮ニューヨークバーガー 2010010922大宮ニューヨークバーガー 2010010923大宮ニューヨークバーガー
4店舗まわった中では一番賑わっているように見えました。店内にはこんな飾りもあったり、かなり気合いが入っているようです。
2010010924大宮ニューヨークバーガー


ハワイアンバーガー:大宮駅前店
2010010925大宮東口ハワイアンバーガー 2010010926大宮東口ハワイアンバーガー 2010010927大宮東口ハワイアンバーガー
一番人通りのあるところでしたが、行ったときはお客さんがちょっと少なめ?ちなみに店の前ではSUBWAYのビラが配られてました。ニューヨークバーガーがSUBWAYっぽい味だったので、ここだったら楽しかったのですが。

続いて西口へ…

カリフォルニアバーガー:大宮西口店
2010010928大宮西口カリフォルニアバーガー 2010010929大宮西口カリフォルニアバーガー 2010010930大宮西口カリフォルニアバーガー
4店舗の中では一番大きい店ですが、やはり並んでいる人が多かったです。販売数もここが一番大きいのでしょうか?


テキサスバーガー:大宮ソニックシティ前店
2010010929大宮ソニックシティ前テキサスバーガー 2010010930大宮ソニックシティ前テキサスバーガー 2010010931大宮ソニックシティ前テキサスバーガー
カウンターが屋外の一番小さなお店ですが、人気が出そうなテキサスバーガーが割り当てられいるせいかそれなりに人が入っているようでした。ちなみにこの店の前では、この4店舗でそれぞれが食べられることがわかるビラが配られてました。
2010010932ビッグアメリカビラ 2010010933ビッグアメリカビラ

ちなみにこうして1つの地域で4つのバーガーが食べられるのは、関東ですと大宮の他に渋谷、池袋、秋葉原、立川あたりのようです。マクドナルドが大好きな人たちが多そうな地域ですねw。マクドナルドとしてもテストマーケティングとして特に注目されているんじゃないでしょうか。各店舗で売り上げを競っていたりするのかな?と勝手に想像してしまいます。

なお、全国の店舗で発売される日は以下のとおりだそうです。
 *第1弾:テキサスバーガー
  2009年1月15日(金)~2月上旬(予定)
 *第2弾:ニューヨークバーガー
  2009年2月上旬~2月下旬(予定)
 *第3弾:カリフォルニアバーガー
  2009年2月下旬~3月中旬(予定)
 *第4弾:ハワイアンバーガー
  2009年3月中旬~3月下旬(予定)

一番人気はテキサス!? マクドナルドの新4バーガー試食会

2010010901ビッグアメリカ

マクドナルドが1月8日から先行限定発売する新しい4つのハンバーガー「ビッグアメリカ」を先行で発売しました。先日、その試食会に参加してきました。

新発売されるバーガーはそれぞれ「テキサス」「ニューヨーク」「カリフォルニア」「ハワイアン」と名付けられ、それぞれアメリカの各地域をイメージしたそうです。例えばテキサスは「古き良きアメリカ」、ニューヨークは「スタイリッシュ」といった感じ。でも、共通しているのがそのボリューム。パティはどれもあの「クォーターパウンダー」と同じものを使っておりボリューム(カロリーも)たっぷりです。

■テキサスバーガー(640kcal)

2010010902テキサスバーガー 2010010903テキサスバーガー 2010010904テキサスバーガー
肉が主役のバーガーです。バーベキューソースで味付けされてますが、ビッグマックよりもさらに「ビーフを食べている」と実感できる味が楽しめました。試食に参加した人の中でも1番人気だったようで、はまれば何度でも食べたくなりそう。

■ニューヨークバーガー(606kcal)
2010010905ニューヨークバーガー 2010010906ニューヨークバーガー 2010010906ニューヨークバーガー
いわゆるクラブハウスサンドに近い感覚。マクドナルドというよりサブウェイで食べられるサンドイッチみたいな。パティの存在感はありますが、味は野菜やチーズ、粒マスタードソースの方が印象に残りました。

■カリフォルニアバーガー(540kcal)
2010010908カリフォルニアバーガー 2010010909カリフォルニアバーガー 2010010907カリフォルニアバーガー
赤ワインを使ったソースでちょっと変化球的な味付けが印象に残りました。個人的にはコクがあってなかなかうまいと思いましたが、好みが分かれるかもしれませんので、まず1度は食べてみる価値があるかと。あと、4つの中では一番低カロリーです。

■ハワイアンバーガー(677kcal)
2010010910ハワイアンバーガー 2010010911ハワイアンバーガー 2010010909ハワイアンバーガー
「ロコモコ」をバーガーにしてみたとのことで、月見バーガーを思い出させる卵の存在感がありますが、味付けは別物。意外と肉の味もしっかりと感じられ、食後の満足感が大きいです。実は他の3つにくらべ30~40gほど重さがありました。

2010010915ビッグアメリカ
試食会当日は、1口目の印象でカリフォルニアかハワイアンがいいかなと思いましたが、半分ずつ持ち帰って改めて食べてみると、テキサスが多くの人になじみやすい味かなと。まぁ、マクドナルド好きならきっとすべて1回は食べたくなりますよね!?

昨年は個性的なメニューで人気のあったウェンディーズが撤退してしまい残念でしたが、マクドナルドにはこのビッグアメリカのような楽しいメニューを今後も期待してます。個人的には海外のマクドナルドでしか食べられないメニューの限定販売なんて面白いと思うのですがどうでしょうかね。私は以前インドやタイなどでオリジナルのメニューを食べましたが、なかなか美味しかった記憶があります。海外のマクドナルドメニューはこちらが詳しいです。

ちなみに試食会は都内某所にある「スタジオM」という極秘の施設で行われました。地図があっても迷ってしまいそうな場所にあるビル(外観は撮影禁止)に入り、さら通路を奥へ進んでいった先にあり、マクドナルド店舗とほとんど同じカウンターや席を備えていました。メニュー開発から店舗オペレーションの検証までできる、世界のマクドナルドでも初の複合研究施設だそうです。以前にGIGAZINEで詳しくレポートされてました。
2010010914スタジオM 2010010915スタジオM 2010010913スタジオM

4つのバーガーの詳細はこちら。それぞれの先行販売されるお店も紹介されてます。お、私の地元大宮では駅をはさんだ4店舗で、それぞれ4種類が食べられるようですよ!


ジェットストリームにデミクーパー…文具にこだわる!

昨年末にステーショナリーハック!「結果を出す人」はノートに何を書いているのかなどを読み、年始めは文具選びや使い方に少しこだわりたいなと考えてました。モノから入るタチなので、早速仕事始め前にいくつか文具を買い替えてみました。

●ボールペン:ジェットストリーム(250円 三菱鉛筆)
●シャープペンシル:オレーヌ(200円 プラチナ万年筆)

2010010501
「思わず笑みがこぼれるほど滑らかな書き味」とステーショナリーハック!で絶賛していた油性ボールペンのジェットストリーム。そして「耐芯構造」を備え芯が折れにくいというシャープペンシル「オレーヌ」。どちらも評判に違わないパフォーマンスを発揮してくれてます。とくにジェットストリームは本当に書くのが楽しくなりますよ。


●使い慣れたボールペンの替え芯
3色ボールペンなど他に使っているペンは特に買い替えるほどのものはなかったので、同じものや替え芯などを用意。別のものを使って使い勝手を落とすより手になじんだものを使った方が仕事もはかどります。

何かのセミナーでもらったものでも、とても手になじみこれまで3回芯を替えて愛用しているペンがあります。こういうペンで書くと、自分の名前など普段書く文字でも明らかに上手に書けるんですよね。ちなみに私はあまり高いペンを買う必要はないと思ってます。無くしてしまうことが多いので…。


●メモ帳:デミクーパー(200円 コクヨ)
2010010503
オン/オフ問わず常に持ち歩くメモ帳としてロディアのNo11(7.4×10.5cm)が定番ですが、私はこのデミクーパーがオススメ。特徴はロディアと同様に格子状のラインが引いてあるのに加えて、メモを半分に切れるキリトリ線入りであること。一言メモならNo11のサイズでも大きすぎますが、半分ならちょうどいいサイズです。

デザインもシックでいい感じだし値段もお手頃。なぜかコンビニのサンクス限定販売商品で、「結果を出す人」はノートに何を書いているのかで紹介されていたせいか、最近どこも品薄状態のようです。


■これから欲しいモノ

●デミクーパーのカバー
2010010502
今使っているのが、Windows Vistaロゴ入りのビニール製カバー。特に使い勝手は悪くないのですが、今さらVistaですからね。人前で出すのはさすがにちょっと恥ずかしい。ロディア用のいいカバーを探しているのですが、ペンを挟むとこがなかったり、やたら高かったりしてなかなかいいものが見つかりません。


●A5サイズシステム手帳
2010010504
このサイズのバインダー式手帳は高い!革製のものは最低でも1万円から。安いビニール製でも6000円前後はします。先日、東急ハンズで「カロス」という少しポップなカラーで軟らかい革製のものを見つけていいなと思ったのですが、値段は14700円。普段から使うものなので多少贅沢してもいいかなとも思うのですが、悩み中です。


STATIONERY HACKS!STATIONERY HACKS!
(2009/10/01)
土橋 正小山 龍介

商品詳細を見る



「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)
(2009/09/11)
美崎 栄一郎

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。