2009年10月

「堂本ルール」は本当に面白かった

けんすうさん曰く

マンガ好きの友達と話していて、堂本ルールはおもしろい、という結論に達しました。

ということで、まずは1巻を買って読んでみた。

けんすうさんは2巻の「お金持ちがお金を使わない理由」をとりあげてましたが、私は1巻のこの部分を。

寝る家もないネットカフェ難民も何百億と自由に使えるIT長者も、実は差などほとんど無い。

たまたま金を集める方法を思いついてそれを実行したか、ただ何もしなかったか…というだけの差だ。

「するか」「しないか」それだけだ。能力の差なんて微々たるもの…

だからオレ達は何にでもなれる。ただ本気で「なろう」と「すれば」いいだけなんだから。


まぁ、今まで読んだ自己啓発書で何度か見た言葉だけど、マンガで言っているのはあまりない。しかも話の展開が「確かにそうかも」と思わせてくれる。本気でこう思って行動に移すようになるには、マンガだろうが自己啓発書だろうが、とにかくこの言葉を何度も目に耳にすることだと思う。

そんなわけで、これは読み進める価値があると思うので、明日2巻買います。

堂本ルール 1 (ヤングチャンピオンコミックス)堂本ルール 1 (ヤングチャンピオンコミックス)
(2009/03/19)
阿部 秀司

商品詳細を見る
スポンサーサイト

iPhone版「弾言」の読みやすさは、他でも実現できるのか

iPhone版の「弾言」、想像以上に読みやすかった。読む側のことをしっかり考えて作り込まれつつ、著者の挑発とも思える機能まで備わっていた。

弾言はちょうど1年ほど前に出版された、小飼弾さんと山路達也さん著の人生論。以前に
書籍で一読して、なかなか面白かったので、iPhone版はその復習とネタとして買った。

弾言と弾言


iPhone版は「クーリエジャポン」にも使われているボイジャーの「T-Time」をプラットホームにして作られている。T-Timeで作られた電子書籍は、少なくとも私の知る限り他に比べて操作性が良く、かつ読みやすい。その理由は
「1ページあたりの分量がiPhoneに最適化されている」
「すべての操作が片手でできるように作られている」

からだと思う。このおかげで電車の中などで本を開くのに比べてとてもハードルが低い。

しかも弾言は内容がテーマごとに細分化されており、書籍版でも2~4ページごとに「弾言」として結論を導いている。1つのテーマを読むのに1分かかるかかからないか程度なので、通勤電車でも区切りをつけやすい。たしか「R25」も同じことを考えていたと聞いたことがある。

弾言比較

T-Timeは非常によくできたフォーマットだが、大きな欠点がある。それはアプリの製作に時間がかかること。なぜなら、本の装丁をそのまま使えず、新たに組み直す必要があるためだ。

「クーリエジャポン」も本誌発売からiPhone版が出るまで数週間ほどかかっている。これはアプリの製作期間とAppleの認証によるものだと思う。以前、ブックフェアでボイジャーがT-Timeを使った電子書籍アプリの製作方法を紹介していたのを見たことがあったが、本の内容や構成を理解し、読者がどういう順序で読み進めるか、読むのに最適な文字の大きさはどれくらいか、どこで区切ればいいか、などを考えながら作る必要があると感じた。マニュアル化してバイトに任せるにはちょっと荷が重い。

T-Time製作画面1 T-Time製作画面2


さらに弾言では書籍と書いてあることは一緒でも、タイトルの付け方や装飾などをiPhone向けに変えている。弾さんはブログ

作る側としてはこれは手間がかかります。@Tats_yも大変だったようです。

と漏らしている。

私はiPhoneの「Magastore」で、自社の雑誌を提供する(これを書いている時点で未発売)担当をしているが、基本的に目次などの仕様書を書いてPDFの原稿と一緒に送るだけだ(実際はもう少し手間がかかっている)。すでに他では本誌発売の翌日にはMagastore版が発売されているものもある。しかし読みやすさでは同じ雑誌でも「クーリエジャポン」にはかなわない。
iPhone_クーリエジャポン iPhone_GQ


こうした原因は、iPhoneの画面と書籍の面積の違いによるものなので、今後Kindleの画面を高精細にし、かつ軽く、片手だけで操作できるのような端末で解決するかもしれない。さらに端末だけでなく配信インフラや出版社とのビジネス関係など、諸々課題があるが、それぞれで解決(妥協)できる素地ができつつあるので、案外来年の今頃には自分もフツーにiPhone以外の電子書籍を使っていると期待してみる。


そうそう、最初に書いた「挑発と思える機能」とは、オートスクロール(ページめくり)のこと。左上のアイコンをタップしてONにすると、だいたい3.5秒ほどで画面が切り替わる。1ページあたり平均して200字ほどあるので、1秒間に60文字前後は読まないとついていけない。本文では「多くの本を読み飛ばせ」とありますが、まさにこれくらいのスピードで読み飛ばせと言っているんじゃないかと。
弾言 オートスクロール

弾言 成功する人生とバランスシートの使い方弾言 成功する人生とバランスシートの使い方
(2008/09/25)
小飼 弾山路 達也

商品詳細を見る

松丸本舗 - セクスィーすぎるセレクト書店

松丸本舗1

素敵すぎるよ、松丸本舗。自分のセレクト書店や蔵書図書館なんてのに憧れる人が行ったらしびれるよ、鼻血が出るよ、きっと。

松丸本舗は丸善丸の内本店4Fにできた、編集工学者 松岡正剛氏プロデュースの「本屋内本屋」というべきか。いわゆるセレクト書店。様々なテーマに松岡氏が選んだ本が置かれ、それに関連した本を丸善が芋づる式に選んで並べた…らしい。ジャンルではなくテーマ別だから実用書や小説、マンガまでが同じ本棚に並んでいるのだ。

松丸本舗7 松丸本舗2 松丸本舗3

ところどころの本棚に落書きのようにかかれているのは松岡氏のメモ?これを見つけて辺りの本に目を配るのも楽し。

そして、レイアウト、本棚、置き方など一言で表現しようとしたとき「セクスィー」という言葉しか思い浮かばなかった。(セクシーじゃなくセクスィーだ)

松丸本舗4 松丸本舗8

Amazonなどネット書店を使う人にとって、本屋の価値は自分の目と足で本に出会いに行く場になっているから、こういうところはその色が他より濃密。まさに本のアミューズメントパークというか、エンターテイメントだと思う。

ピンときた方はぜひ立ち寄っていただければ。東京駅からすぐなので、地方の方も行き帰りのタイミングを見計らってぜひぜひ。


ちなみにこの日は、松岡正剛氏の世界にちょっぴり触れたくみたくなったので、これを購入。

多読術 (ちくまプリマー新書)多読術 (ちくまプリマー新書)
(2009/04/08)
松岡 正剛

商品詳細を見る

Tweetie 2からTwitbird Proに乗り換えたおバカな理由

すべてはこのつぶやきツイート。

ツイート20091027

『うを、ちんかめ4巻売ってる。買っちゃおうかしらんかしらん』

かのリリー・フランキー師に「やっぱり発明だと思った」といわしめたおしゃれヌード写真集「ちんかめ」の最新巻を会社帰りに見つけて、ちょっとハイな気持ちでつぶやいたら、Tweetie 2のバグがエコーをかけてくれたよ、ママン…

ちんかめ 4 (DVD付)ちんかめ 4 (DVD付)
(2009/10/19)
内藤 啓介

商品詳細を見る


もうTweetie 2は日本語バグが直るまで封印!一番後ろで1つになって反省してもらいます。
iPhone7画面目20091027

代わりに、たまたま昨日限り無料だったので手に入れたTwitbird ProにTwitterクライアントのレギュラーをはってもらいます。これが負けず劣らず使いやすい。







ちんかめ4
もちろん買ったYO。やっぱ発明だよ、ちんかめは。

「Byline」最強設定

iPhone情報整理術」が手元に届く前にメモ。以下に紹介する設定にすることで

1.新着RSSから気になったものにスターをつけていく
2.他のRSSをチェックしている間にスターがついたニュースのページをバックで読み込む
3.RSSのチェックが終わった頃には、スターをつけた大半のページの読み込みが終わっており、飛び先のページをじっくり読める

ってな感じで、Bylineでかなり快適にニュースなどを読むことができるようになった。

おいらの場合、通勤電車に乗っている時間が地上(約35分)→地下鉄(15分)なので、地上にいる間に新着をチェックし、地下でスター付き記事を読んでいる。

設定は以下のとおり。

iPhoneトップから「設定」→「Byline」

Byline設定1

Byline設定2

迷うのが「表示」と「画像をキャッシュ」。画像をキャッシュさせると容量を食うため「表示」をスターをつけたすべてのニュースをプールできなくなることがある。そのため表示を200件以下にしなきゃならない。そうなると、プールできるニュース本数が減ってしまう。

今のところはプールできる本数重視で画像のキャッシュをオフにしているけど、どっちがいいかな、と。

さて、iPhone情報整理術にBylineはきっと載っていると思うが、どのような設定を推奨しているのだろうか。それとも、別のアプリを紹介しているのだろうか。

東京モーターショーでコンパニオンを撮りまくりました

モーターショーコンパニオン

東京モーターショー2009の取材。私は注目のクルマ…ではなく、コンパニオンの撮影担当。というわけで、会場のコンパニオンに片っ端から声をかけて撮りまくってきました。

そのほかにも新人クンたちに撮ってきてもらったクルマの写真の選別やページ製作など諸々行い、ようやく昨日アップできました。ぜひご覧くださいませ-

現在あがっているコンパニオンが210枚。バイク関係のコンパニオンは別ページであがる予定です。こちらもお楽しみに!

…来週の週末こそはクルマを見に行こう。

モーターショーをマガストア版オフィシャルガイドを手に歩く

モーターショーオフィシャルガイドのマガストア版が発売されてました

Lite版ということで、ムック版より記事がいくつか省略されてますが、各社の出展車両は押さえられており、どんな注目車両が展示されているかを片手で確認しながら各ブースがまわれそうです。

値段は115円。ムックのガイドが500円なので、なかなかお得といえそうです。やっと「マガストアならではの便利さ」を持ち合わせたコンテンツが出てきたと思います。

マガストア モーターショーオフィシャルガイド

「マガストア」が無料になってました

マガストア無料

iPhoneで雑誌が読めるアプリ「MAGASTORE(マガストア)」が無料になってました。ツイッターでマガモくんがつぶやいていたのを見て知りました(w

これまでは、アプリ内課金できるものは無料にできないというアップルの制約があったため、雑誌が買えるのは有料版(115円)しかなかったのですが、これを機にもっとPRを強化してユーザーを増やしてほしいものです。電子書籍という今注目の分野であり、電通がいくつかの出版社を巻き込んで展開している割に、まだまだユーザーが少なそうなので。

マガストアのオフィシャルサイトも、もう少しよくできないかなと思います。例えば扱っている雑誌を個別に紹介するページとかほしいです。あと「マガストア」で検索しても上位にひっかからないのもどうかと。

岡田准一「いろんなこと聞かせてよ」に共感

J-WAVEのGrowing Reedというラジオ番組で岡田准一が国際ジャーナリスト田中宇との話が終わった後で言ってた言葉にすごく共感したので、録音を起こしてメモしてみる。

(前略)「いろんなことを聞かせてよ。正解かどうかわからないけど、自分はそれをチョイスできるから」って思う。若い頃にはできなかったけど、今ならその中で自分の意見を出せるから。

とにかく、「いろんなことを知りたいよ」というのがすごく増えました。「あなたが言っているから信頼します」というのではなくなったというか、いろんな方面、あっちの意見、こっちの意見、全部聞かせてって。どういう主観でもいいから、「嫌いだ、でも何でもいいからとにかく聞かせてくれ」と。冷静な判断ができるようになったからかもしれないですけど。

「もっと気を使わずぶっちゃけ話をすればいいのに」と思ったり、たまにするんですよ。なんか色んなところに気を使わず話せば、みんな受け入れていく能力が増えていくし、「じゃあどうすればいいのか」と考えなければいけないことを突き詰められていくから、成長していくと思うんですよ。

とにかく、いろんなことをぶつけてほしいですよね。



とらえようによっては、「そんなんじゃ人間関係保てないだろ」って思われるかもしれないけど、それを超えて、感情や立場をいったん抜きにして、人の意見を聞く姿勢って必要だなって思うわけですよ、うん。

Twitterをビジネスに利用しようとして失敗する人たち

あくまで個人的主観だが、Web関連の仕事をしている人の中には、Twitterやブログを活用しようとしているにも関わらず、個人ではなかなか始めようとしない人が結構多い。

具体的にいうと、Twitterなら自分のアカウントを持ってないのに「会社の公式アカウントを作ってフォロワーを増やし、自社サイトに呼び込もう」とか言っている人たちだ。さらに、自分でブログを作ったことがないのに、「ブロガーを使って人を集める」とか「このサービスを使ったブログパーツを作ろう」とか、iPhoneを持っていないのにアプリや対応サイトを作ろうだとか。

断言するが、これらが成功するわけがない。何であろうとまずは自分がユーザーになり、何を求めるのかを肌で感じないと、人を呼べないし、満足してもらえるわけもない。私はお酒が飲めないのだが、そんな人がうまい酒について語ったとして、聞きたい人なんているわけがないのと同じだ。

しかし仕事になると、会社の期待に応えるため、ノルマを達成するための手段・道具としてしかブログやTwitterを見ることができない人が多い。まず自分がユーザーになろうという考えがハナからない。ユーザーは楽しいからそれらを使っているのに、彼らは何が楽しいのかさっぱり理解できず、自分からしようともしないのだ。

残念ながら、特に企画関連において、仕事を楽しめてないとうまくいかない。人を呼ぶには、彼らが何を楽しみとし期待しているのかを、自分で実感しなければならない。

もし心当たりがあれば、時間をひねり出して自分がユーザーになり、とことんヘビーユーザーを目指すことを薦めたい。どうしてもやる気が起きなければ、きっとその仕事は向いてないのでは?

仕事で使える!「Twitter」超入門 (青春新書INTELLIGENCE)仕事で使える!「Twitter」超入門 (青春新書INTELLIGENCE)
(2009/09/25)
小川 浩

商品詳細を見る

エヴァーラスティング・ドリーム

ANA機内やJ-WAVE「ANA WORLD AIR CURRENT(ワールドエアカレント)」のオープニングで聴くことができる葉加瀬太郎の曲。ずっと気になってましたが、たまたま借りたアルバム「What a day」に収録されてました。

「エヴァーラスティング・ドリーム」

WORLD AIR CURRENTでは、飛行場から世界へ旅立つイメージで流れますが、まさに聴くだけでこれから旅に出るような気持ちにさせてくれる名曲です。アルバムの一曲前「序曲」と合わせて、タイマーで朝の目覚まし代わりに流せば、いい目覚めになると思います。

ちなみにエンディング曲「Another Sky」は、アルバム「Traveling Notes」の最後に収録されています。

What a DayWhat a Day
(2004/09/15)
葉加瀬太郎

商品詳細を見る


Traveling NotesTraveling Notes
(2003/10/08)
葉加瀬太郎SMOOTH ACE

商品詳細を見る

オフィシャル東京モーターショーガイド2009 - ものすごく無難なガイドらしいガイド

オフィシャル東京モーターショーガイド2009
開催が来週に迫った東京モーターショーのオフィシャルガイドが売っていたので購入。

・クルマだけでなくバイクの主な出品車両を紹介されている
(個人的にハーレーの出展車両が載っていたのは役だった)
・主要車両の開発者コメントが載っている
・値段が500円と安い
・構成がいい意味でも悪い意味でも丁寧で教科書的。
・一部メーカーながらコンパニオンのコスチューム紹介がある(w

正直面白みはないけど、ガイドとしてはよくまとまっているかと。

東京モーターショーガイド 2009―オフィシャル東京モーターショーガイド 2009―オフィシャル
(2009/10)
不明

商品詳細を見る

「目立つ力」勝間和代 - ブログをもう一度始めたくなる一冊

勝間和代「目立つ力」読了。
何らかの理由でブログを断念した人が、もう一度始めようと奮起するのに最適の1冊だと思う。かくいう私もこれを読んでいるうちに、3度目のブログ再開を決めた。

自分は人と違う存在であり続けたいし、それを知ってもらいたい欲求が強い。だから、ブログで自分が何者であるかをアピールし続けたい。

あとは飽きっぽい性格をどうフォローして継続させるか。その答えをいくつかこの本から得られたと思う。

以下、読書メモ。

ブログのネタはどうするか?

ネタの中で一番簡単なのは(中略)日中で最も長い時間を費やしているもの、すなわち、業務に関わるものです。(中略)守秘義務にかかわらない部分で、さまざまな体験談をユーザーと共有できれば、自分の知らない職業の疑似体験ができますので、それはそれでたいへん面白いブログになります。

思考の整理はまず、文章にすることから。自分自身の、ちょっと尖っていて人に知らせたくなるような情報や体験があったら、それを積極的に言語にして、文章にしてみてください。そうすると、そこから、派生的に目的が見えてくることでしょう。

コンセプトが見つけやすいと言うことは競争も激しいということになります。実際、書評ブログは数が多く、競争が激しいので、よほど優れていないと、なかなかユーザーの耳目を集めることはできません。私は書評ブログには参戦しないことにしています。
とにかく、自分が自然に時間を使っていて、他者よりも優位な情報を得られる分野を見つけることが、コンセプト探しの第一歩です。



人に読んでもらえるブログとは?

付加価値がないブログをどれだけ繰り返しても(中略)普遍的にユーザーを広げることはできません。売り物になるコンテンツを見つけると言うことは、大変戦略的な作業ですし、逆にそれが見つかれば実は私たちのブログは大きく前進するのです。

ブログはみな、忙しい中で流し読みをするのが基本です。だからこそ、文章全体の構造も大事ですが、それ以上に、全体として何を伝えたいのか、最初の2~3行に相手を惹きつける、キャッチーなことを書かないと、読者は続きを読んでくれません。



ブログを書き続けるということは?

戦略レベルの差別化とは、ブログを書く人も、読む人も、その結果のアウトプットとして、結局何をしたいのか、何を手に入れたいのかということを、ある意味で企業戦略と同じくらい、真剣に考え抜く作業になります。そしてブログを作るということは、情報を経験などから仕入れ、加工して、形にして発表し、そこから成果を得る、という繰り返しです。



どうすれば継続できるか?

エントリーにかける時間は30分以内に



目立つ力 (小学館101新書 49)目立つ力 (小学館101新書 49)
(2009/10/01)
勝間 和代

商品詳細を見る

今日のiPhone

iPhone1画面目20091014 iPhone2画面目20091014 iPhone3画面目20091014
今日現在のiPhone3画面目まで。アプリの位置など結構こだわっているので、今後変化があったらアップしていきます。

■こだわり
・よく使うアプリほどアイコンを前面に置く
・1画面で一番使うアプリアイコンを右から2番目の下から2番目に置く
 →右手親指を一番持って行きやすい場所だから
・右下は開けておく
 →アイコンを移動させるとき、他のアイコンが勝手に動かされないようにするため

そんなわけで下の4つを除くとBylineを一番使ってますねぇ。

SuicaペンギンのiPhone用壁紙

iPhone用Suicaペンギン壁紙

iPhoneの現在の壁紙です。Vint Shiftで背景をぼかして撮ったらいい感じになりました。ミニチュア写真以外にも使い道がありそうです。

まず個人で始めてみる

ブログをビジネスで使いたいなら、まず個人でブログを続けてみる。
iPhoneサイトやアプリを作るなら、まず個人でiPhoneを持って使い続けてみる。
Twitterをビジネス利用したいなら、まず個人でTwitterを始めてみる。
コミュニティサイトを盛り上げたいなら、まず個人でコミニュティに入って楽しんでみる。

これができる人がプロジェクトメンバーにいないなら、それは100%成功しない。断言できる。

「何となくわかっているけど始められない、時間がない、体が動かない」なら、その仕事は向いてないと思う。さっさと考え直して、自分がユーザーになれる仕事を見つけた方がいい。

会社用にクロックス ケイマンを買った

オフィス用にクロックス ケイマン(crocs cayman)を買った。先日、今さらながら初めて履いたクロックスの履き心地に惚れたのと、今まで履いていたサンダルがオッサンっぽいのが気になっていたからだ。

あちこちで履いている人を見かけるので、ネットでも楽に買えると思って探してみたけど、これが意外と扱っている店が少ない。スーツに合わせるのでカラーは黒、サイズは26、スタンダードな形が欲しかったので「ケイマン」か「プロフェッショナル」で楽天やYahoo!ショッピングなどで検索すると、数店しかひっかからない。もうブームが過ぎ、生産を終えているだろうか。

その中で決めたのが楽天のEAIMというお店。在庫がある店で売値と送料の合計が一番安かったのもあるけど、写真が必要な数をきれいに載せてた(っつーか、クロックスのくせにやけにかっこいい)のがポイントが高かった。

ちなみにヤフオクでクロックス ビーチ(crocs beach)というモデルが1600円で出品しされていたので、ちょっと迷った。検索してみると

総合すると、ビーチの方がスリムな足に向いていて、
ケイマンは幅広の足やゆったりと履きたい人に向いている、と言えると思います。

とのこと。ま、個人的にはbeachの甲の部分にあるなみなみ模様がオフィスに合わなさそうで、何よりEAIMに載っていた写真がかっこよかったってのが一番大きかったんだけど。

ともあれ、クロックスケイマンが届くのが楽しみ。持って行くのが面倒なので、会社に届けるように注文してしまった(w。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。