sedus

sedus「OPEN UP」はデスクチェアの究極系!?

自宅で机に向かうときに座る椅子の買い替えを考えてます。PCや物書きなどの事務作業で体に負担がかからず、かつリラックスして読書ができるリクライニングを備えたもの。アーロンチェアが有名ですが、まぁそのあたり。(ちなみに今使っているのは、5年ほど前にかっこつけて買ったイームズのDSR

先日から何件かそれらがありそうなお店をまわっているのですが、結構いいお値段しますね。アーロンチェアが新品で定価が15万円程度のようで、それが最上級クラスかと思っていたら、20万以上のものがあちこちに。

値段はともかく、まずは自分にぴったりくるものはないかと店員に聞いてまわったところ、秋葉原のヤマギワ・リビナでオススメされたのが「sedus(セダス) OPEN UP」。見た目はスマートながら背もたれ、ヘッドレスト、アーム、、リクライニングなどを柔軟かつ自在に調節することができるとか。

2010013101sedusopenup
実際に座ってみると、確かにすごい。机に向かうときは椅子も前傾姿勢となり、背もたれからヘッドレストもついてきます。背中や頭に前屈みになっているにもかかわらず、体から頭までを後ろに預けていられるという不思議な感覚になります。アームも高さや角度をフレキシブルに調節できヒジ置くことが可能。

リクライニングもかなり深くまで倒せ、しかも体を左右に傾けるとそれにあわせて背もたれがうねうね付いてきます。これなら余裕で寝られそう。もちろん余程大きな寝返りでもうたないかぎりひっくり返るようなことはなさそう。

つまりどんな姿勢であっても、太腿から両手、頭までの体の裏側にあたる部分に椅子が体に合わせてついてきて、カバーしてくれるわけです。

見た目だけでも社長椅子とよばれる大きなものなら、最近ではイケアなどに行けば1万円前後から買うことができますが、これらは可動する部分が少なめ。体を椅子に合わせなければならず、たとえひとつの姿勢でフィットしても、それ以外は対応しないわけです。値段の高いものほど体に合わせて椅子も動き、どんな姿勢でも体の多くの部分を預けられるようです。OPEN UPは一般で買える現在の究極系かもしれません。

こりゃOPEN UPでキマリ!…にしたいわけですが、問題は値段ですね。背もたれがメッシュのもので定価¥22,6000(税抜)。この椅子でずっと仕事をするならそれだけ投資する価値があると思いますが、今の生活で座れるのはせいぜい週末の数時間程度。ちょっと手が出ません。名刺付きの商品資料までもらっちゃったんですけどね…
2010013102sedusopenup

そんなわけで今狙っているのが、アーロンチェアの中古。フル装備でヤフオクなら5万円前後で買えそうだし、今後引越などで使えなくなったとしても壊さなければリセールバリューがある。ここまでOPEN UPの話をしておきながら、現実的に考るとそこが妥当のようです^^;

ちなみにここ↓がOPEN UPやアーロンチェアなどの比較について詳しいです。
優しいChairの選び方

アーロンチェア グラファイトカラーベース ポスチャーフィットフル装備 Bサイズアーロンチェア グラファイトカラーベース ポスチャーフィットフル装備 Bサイズ
()
HermanMiller(ハーマンミラー)

商品詳細を見る


イームズ サイドシェルチェア DSR ホワイトイームズ サイドシェルチェア DSR ホワイト
()
イームズ

商品詳細を見る
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。