iPhone

電子書籍アプリGooBooksがリリースされました

s-IMG_0028.jpg
先日、私のいる会社から新しいiPhone/ iPad両対応アプリ「GooBooks」がリリースされました。

GooBooksはその名のとおり電子書籍アプリです。1アプリ1冊ではなく、何冊もの本が読めるようになっています。Gooなので今のところすべてがクルマ関連ですが、今後はバイクなどその他のジャンルも増やしていく予定です。

s-IMG_0027.jpg
アプリを立ち上げると、最初からいくつかの本が登録されています。

「購入パーフェクトガイド」
中古車を買う前の準備、いいクルマを見極めるためのポイント、契約・見積もりの基礎知識

「プリウス」「キューブ」「ロードスター」「オデッセイ」「ステップワゴン」(9/4現在)
最新だけでなく歴代モデルの特徴、内装、乗り心地、相場など、中古車専門誌ならではの記事を車種ごとに紹介。次号「エクストレイル」も予告されていて、今後特集する車種をが増えていく予定。

s-IMG_0035.jpgs-IMG_0034.jpg
ページをめくっていくと、画像が光るところがあり、それをタップすると拡大画像やGooの中古車検索ページにリンクするようになっています。

Gooでは昨年から電通の「マガストア」にて有料で記事を提供してますが、こちらは雑誌の「Goo(首都圏版)」に載った記事をそのまま掲載してます。これに対しGooBooksは過去記事を車種ごとにピックアップしてiPhone / iPad向けにレイアウトしなおすという、実は結構な手間がかかってます。

エンジンは産経新聞やマガストアなど多くの電子書籍アプリで使われている「ヤッパ」を採用。本を開くとダウンロードする仕組みとなっているため、ネットにつながる環境が必要です。

今のところアプリや中の本とも無料なので、ぜひダウンロードして試してみてはいかがでしょうか。

GooBooksはこちらからダウンロード
スポンサーサイト

iTunesトップにもAppBankにも載ったのにダウンロード数がなかなか伸びないでござる

2010083101.jpg
先日、Gooバイク情報がAppBankで紹介されました。

Gooバイク情報: 欲しいバイクを全国11万台以上のデータベースから検索できる!無料。

GooBike情報は、全国の新車/中古バイクが検索できる無料アプリで、私のいる会社で8月上旬から公開されており、以前このブログでも紹介させていただきました。今回はAppBankにて開発会社の寄稿という形で掲載していただいてます。以前に姉妹アプリとなる中古車検索の「Gooクルマ情報」も掲載していただいてますが、このときはAppBank側から取り上げていただいた編集記事でした。

また、Gooバイク情報はiTunesのAppStoreでもトップページで紹介していただいてます(8/30現在)。ここで掲載されるのはかなりの宣伝効果が期待できます。

2010083102.jpg


で、現在の順位はというと、ライフスタイルカテゴリの無料アプリで13位(詳細なダウンロード数は発表できません)。この位置をどうとるかは見方によって変わりますが、かなり苦戦しているという認識です。

というのは、以前にGooクルマ情報が絶好調でカテゴリーでしばらく1位を確保したほか、無料アプリの総合でも最高4位にランクインしました。これはいろんなラッキーもあったわけですが、これに比べると少々物足りません。

で、どうしてかなと考えたとき、真っ先に思いつくのが、バイク離れです。8月の記事では、2009年の出荷台数が最盛期の1982年に比べてて約1/10に落ち込んだとか。

それとバイク乗りとiPhoneユーザーがどの程度重なるのかも気になります。バイクユーザーとiPhoneユーザーの嗜好がどの程度一致するのか。仮に自分がバイクに乗っているとして(免許持ってません)、iPhoneを活用できるのかとか。運転中はもちろん、グローブをしている間はiPhoneを操作できませんよね…。バイク乗りにおけるiPhoneユーザー率ってどのくらいなんでしょう。

最近、WebサービスはとりあえずiPhone、iPad、Androidに対応に対応しとけという風潮ですが、結構時間と手間がかかるのに対して費用対効果は出るのか、対象となる人はiPhoneを使っているのかをよく考えた方がいいなと思ったりしてます。

ちなみにバイク離れについては、こちらがお読みいただけると。
若者のバイク離れが深刻 国内のバイク生産、ピーク時の1割以下 - ニュー速クオリティ

Incase Snap Case for iPhone 4(クリア)が届いた

iPhone4のアンテナ問題でアップルがユーザーにケースを無償配布しましたが、私が注文していた「Incase Snap Case for iPhone 4 clear-zml」が届きました。

R0014134.jpg
素材はおそらくプラスチック。カメラのレンズ周り以外は無色透明。このカメラ開口部はフラッシュの反射が起こらないように黒い枠を入れているそうです。

R0014135.jpg R0014137.jpg
着け心地は良好で、ぐらつきなどはまったくと言っていいほどありません。手に持った感触も良く、厚みや重さが若干増しますが凹凸が減るので、個人的には裸より持ちやすいです。ちなみに装着したときの重さは153g(本体は137g)。なおケースを取り外すときには少々力が要ります。

R0014139.jpg R0014140.jpg
左右の側面はガードされるので、例のアンテナ問題に対応。厚みの分、音量ボタンがやや押しにくくなります。右側面に入るincaseのロゴが本体の切れ目などのちょうど中間に入る絶妙な位置にあり、よく考えられている印象を受けます。

R0014147.jpg R0014143.jpg
上下はガードされてません。電源ボタンは押しやすく、PCやACアダプターと接続するケーブルのコネクタの形状も心配ありません。

R0014146.jpg
本体を縦横に置けるスタンド付きです。なお、スクリーンに貼る保護フィルムは付属してませんでした。

個人的には非常に満足しており、早速今まで使っていたラバー素材のものと置き換えました。無色透明なだけあって、iPhone4の外観を損なわずにガードできるケースとしては非常に良くできています。箱を開けたときから若干擦り傷があったのが残念でしたが、使っていけばすぐにつくものだし、タダだったのでご愛敬。あとは使っている間に変色さえしなければいいのですが。

incase Snap Case for iPhone4

「HOME'S(ホームズ)」iPhoneアプリ開発者の話を聞いてきた

R0013915.jpg
先日、「HOME'S」のブロガーズミーティングにお邪魔してきました。

HOME'Sはネクストという会社が運営している不動産や住宅の情報サービスで、Web/ケータイで賃貸や分譲物件を探せるほか、昨年にはiPhoneで賃貸物件を検索できるアプリをリリースしてます。私も今年5月から住んでいる家も(相方が)このiPhoneアプリで探しだした物件であり、また物件探しのWebサービスという面で仕事が近いので、いろいろ興味深い話が聞けました。

iPhone 4もいいけど3GS + iOS4もかなりいい!

iPhone4_201010701.jpg
先日、遅まきながらiPhone 4に初めてさわりました。といっても量販店の店頭にあったデモ機ですが。

少し触っただけですが、期待どおりか、あるいはそれに少し届かなかったというか、予約したものの未だ入荷の連絡がない現状も我慢できるかもしれないという感触でした。

その理由は、iOS4を入れた手持ちのiPhone 3GSのパフォーマンスがとても良く満足度が高いからかもしれません。小飼弾さんが「iOS4で3GSが蘇った」と表現していましたが、アップデートする前と比べてパフォーマンスが劇的に改善されたと思います。…というか、そもそもiOS3が3GSを買ったときに比べずいぶん遅くなっていたということも大きいですが。

iOS4はパフォーマンス改善の他にもマルチタスクやフォルダ、壁紙など様々な改善が行われました。アップデートから1週間ほど経ち、もう当たり前のように使ってますが、iPad発売から続いてアップルのトピックで最も大きかったのはiOS4だったんだなと思いました。そう考えると、iPadのOSアップデートが今からとても楽しみです。

もちろんRetina(網膜)ディスプレイは3GSに比べて格段にきれいで、個人的には買い替える価値は十分にあると思います。ただ、すべての(特に3GSを使っている)人にこのために数万円払う価値があるかどうかはやや疑問。(残念ながら変なケースに入っていたためスマートになったボディに触ることはできなかったので、そのあたりの良さは実感できてません)

ヨドバシカメラ某店で二桁番の整理券を毎日持ち歩いてますが、気長に入荷の連絡を待ちたいと思います。

30万台以上から中古車検索!iPhoneアプリ「Gooクルマ情報」リリース

かなりご紹介が遅くなってしましましたが、私が勤めている会社から初のiPhoneアプリ「Gooクルマ情報」を公開しました(無料です!)。本日、マイナーバージョンアップ(1.01)がリリースされ、いい機会ですのでご紹介します。

Gooクルマ情報は、日本最大級の中古車検索サイト「Goo-net」に登録されている、全国30万台以上の中古車を、iPhoneから手軽に検索できます。

・懐かしの名車から、つい最近発売されたばかりの新型車、輸入車まで、常時30万台以上が登録
・テキスト入力はもちろん、「メーカー/ブランド」「ボディタイプ」「価格帯」から簡単にお目当てのクルマを探し出せる
・1物件につき最大20枚の写真と詳細なデータを掲載、その場でお見積もりやお問い合わせが可能

中古車をお探しの方はもちろん、車を眺めているだけで幸せになれるクルマ好きな方まで、きっとご満足いただけると思います。


Goo_iPhone01.jpg
起動すると、中古車の検索メニューが表示されます。ここでは例として「メーカー/ブランド」から検索してみます。(ちなみにVer1.01へのアップデートで「Goo認定車」「エコカー減税対象車」の検索が加わりました)

Goo_iPhone02.jpg Goo_iPhone03.jpg

お目当てのクルマを、メーカー/ブランドと車種名から選びます。非常に多くの登録がありますが、画面右の見出しからスクロールで簡単に探し出せます。

Goo_iPhone04.jpg Goo_iPhone05.jpg
検索結果が表示されました。グレード名や値段などを表示した「一覧」と、写真のみが並んだ「画像」から気になるクルマを選びます。

Goo_iPhone06.jpg
ヒット台数が多い場合は「年式」「走行距離」「価格」「都道府県」「車体色」「グレード」から絞り込めます。

Goo_iPhone07.jpg
選んだクルマの詳しい情報が表示されます。ここで値段や車両の状態、付属のオプションパーツなどがわかります。中古車は1台1台が違うので、よーくご確認ください。

Goo_iPhone08.jpg Goo_iPhone09.jpg
「複数画像を見る」で、このクルマの様々な写真が見られます。外装はもちろん、内装やタイヤ、インパネなどの状態が、最大20枚の写真でよくわかります

Goo_iPhone10.jpg
気になったクルマがあれば、販売店に問い合わせやお見積もり依頼が行えます。


中古車は1台1台の状態が異なり、さらに在庫が随時変化しているため、同じ車種でも時間をおけば、また新たなクルマに巡り会うことができます。ぜひこまめにチェックしてお気に入りの1台を見つけてください!


Gooクルマ情報をiTunes Storeからダウンロード

AppBankにレビューいただきました

Goo_iPhone11.jpg
ちなみにアプリがなくてもiPhoneのSafariからGoo-netにアクセスすれば、最適化されたページで中古車検索ができます。そしてiPadに最適化されたページも…!

Xperiaタッチ&トライイベントレポート+Evernote for VAIOも体験してきた

2010030701Xperia
銀座ソニービルで3月12日まで開催されているXperiaタッチ&トライイベントに行ってきました。

Xperiaに触るのは今回が初めて。すでにあちこちでニュースや試用レポートが公開されているので、改めて機能について書くことはありませんが、個人的な感想は「ようやくiPhone 3Gが日本で発売された(OS 2.0の)時点にAndroidが到達した」。まだ動きがややぎこちないところがあり、基本動作でハードウェアの性能を生かし切れてない印象が残りました。

一方で文字入力のPOBox TouchはiPhoneのQWERTYキーボードをよく研究して弱点を補っていましたし、HD動画再生の美しさは今のiPhoneではマネできないレベルに達していました。

2010030702Xperia 2010030705Xperia 2010030704Xperia

今後、AndroidはiPhoneの進化を超えるスピードで迫ってくるでしょう。iPhoneがすでに通った道の幾分かは重なるわけですし、Googleやソニー、その他たくさんのベンダー、開発者が様々なアプローチで取り組むわけですから、それは明白。iモードとガラケーという遺産をかかえたドコモが足をひっぱらないかが心配ですが、仕事とプライベート両方の面から注目していきたいです。

2010030703Xperia 2010030706Xperia
Xperiaは4月発売です、Coming Soon!!


■Evernote for VAIOの企画担当者にバンドルについて聞いてみました

Twitterとの相性バッチリ!? iPhoneカレンダーアプリ「TwitCal」

2010030601twitcal
Twitterと連携するiPhone用カレンダーアプリ「TwitCal(開発・販売:インフォテリア)」のクローズド体験会に参加してきました。

■他の人のカレンダーを「フォロー」できる!

TwitCalの特徴は、Twitterのように他人のカレンダーを「フォロー」できること。カレンダーに入力したスケジュールをTwitter上でつぶやくことができ、それを見た人がその予定を自分のカレンダーに入れたり、あるいは相手のカレンダー自体を取り込んで継続的に同期することができます(同期はメールアドレスによる承認が必要)。TwitCal ユーザー以外でもメールやiCalendarデータを受け取ることができるそうです。

2010030607twitcal2010030608twitcal2010030610twitcal

要はGoogleカレンダーに近い機能と、Twitterへの入出力を備えた、カレンダーサービスのクライアントアプリといえそうです。

単体のカレンダーアプリとしても使い勝手が良く、仕事とプライベートなど複数のカレンダーを使い分けることができるほか、月・週・日・イベントリスト表示や、iPhoneのタテヨコ表示にも対応。インストールして使ってみましたが、すでにiPhone標準のカレンダーアプリを大きく超える操作性を備えていると思います。

2010030606twitcal

iPhoneアプリ以外のほか、twitcalとGoogleカレンダーやiCalとイベントを同期させるためのMac OS X用ダッシュボードウィジェットが提供されています。また、APIの提供も予定しており、先日にEvernoteとの連携も発表されていました。


■もっと「Twitterっぽさ」がほしいかも?

会社のPCも自宅から遠隔操作できた!iPhoneでも使える「LogMeIn」

2010022805LogMeIn
PCのリモートアクセスサービス「LogMeIn」のブロガーズイベントに参加してきました。LogMeInは、遠隔にあるPCを、手元のPCやスマートフォンなどからインターネット経由で操作できるサービスです。例えば会社にあるPCを自宅から操作したり、逆に会社で自宅のPCを操作することができます。米国で人気急上昇中だそうで、国内ではNECのISPであるBIGLOBEが昨年から無償・有償サービスとして提供しています。

イベントで実際に触ってみて、その後家や会社のPCで試してみたのですが、とにかく簡単に使えたことに驚きました。私は以前にもV2Cなどのリモートアクセスツールを使っていたことがありましたが、遠隔操作をするためにポートを開けなければならず、ルーターやアンチウイルスソフトの設定変更が必要だったり、それらを勝手にできない会社のPCでは利用できませんでした。しかしLogMeInはあっさりと使えてしまいました。

2010022811LogMeIn

特にびっくりしたのが、ポートを自由に開けられない社内ネットワーク上にあるPCを外部から操作できたこと。Webアクセスするための80番とSSL通信の443番さえ開いていれば、プロキシサーバーを利用しているとしても、専用アプリケーションを常駐して起動しておくことでいつでもログインして操作できました。今の会社はVPNが利用できないので、いざというとき、とても役立ちそうです。(ただし社内ポリシーでリモートログインが禁止されている場合はやめておきましょう)

2010022807LogMeIn 2010022809LogMeIn 2010022808LogMeIn
また、マルチプラットフォーム対応で、Windowsはもちろん現状ベータ版ながらMacも遠隔操作できます。手元での操作はブラウザ上で出来るので、こちらも環境を問いません。さらにiPhoneでも専用アプリをインストールすれば遠隔のPCを操作することができます。アプリが3500円と他に比べて高いことや、ログインにやや時間がかかることなどがネックですが、PCを広げることなく遠隔操作できるのは、緊急時などに非常に役立つかもしれません。

個人的には会社と自宅双方のPCをリモートで操作するのに使っていこうと思ってますが、他にも実家にいる親のPCのメンテナンスなんかにも使えそうです。

2010022810LogMeIn
イベントではLogMeInの広報キャラクターに起用された”ミス東大”の加藤ゆりさんも登場してました。っつーか、このサービスにタレントを起用してしまうBIGLOBEさん、さすがです。


LogMeIn

LogMeInのiPhoneアプリ(iTunesが開きます)

加藤ゆりさんのブログ


クーリエ・ジャポン編集長に聞いた、創刊・こだわり・iPhoneアプリ

2010021101クーリエジャポン
先日、講談社の「クーリエ・ジャポン」編集部にお邪魔してきました。以前にレビュー・プラスで応募されていた同誌2月号「次の、ITライフ」のレビューを書いたことがきっかけでお招きいただきました。

2010021102クーリエジャポン 2010021103クーリエジャポン 2010021104クーリエジャポン
編集部に並ぶ世界中の雑誌、新聞!

「世界のさまざまな話題を、各国の現地メディアはどう報じているのか」、そして「世界は日本をどう見ているのか」――クーリエ・ジャポンは、この双方向の視点をコンセプトに、フランスの週刊誌「クーリエ・アンテルナショナル」と提携。全世界で1500を超える新聞・雑誌から記事を選び、毎月10日にお届けします。 クーリエ・ジャポン ABOUT US


このように他にはない独自のスタイルで編集されている雑誌ですが、「ジャポン」からも想像できるとおりフランスの情報誌「Courrier」がルーツ。編集長の古賀さんは、9.11テロが発生したとき、前日に最新号の締め切りが過ぎていたCourrierが、その日のうちに世界中の新聞に掲載された9.11に関する社説を集めて内容を差し替え、1日だけ遅らせて発売したことに衝撃を受け、注目したそうです。

2010021105クーリエジャポン
古賀編集長が持っているのは、9.11を特集した「Courrier」

「世界の優秀なジャーナリストの力を使って雑誌を作れないか」。ちょうどそのとき、講談社が創立100周年を記念した「オンリーワン」の企画を社内公募していて、このコンセプトで応募し、見事に採用。Courrierと提携して生まれたのがクーリエ・ジャポンだそうです。うーん、ドラマ!

そんなクーリエ・ジャポンも、インターネットの普及にともなった情報伝達の変革に合わせて形を変えながら毎月発売されていますが、表紙や記事のレイアウト、写真、イラスト等にもかなりのこだわりを持って作られているそうです。

2010021106クーリエジャポン
例えば2010年2月号の「次の、ITライフ」にあったイラスト。これはわざわざ海外のイラストレーター(IBMのロゴなどを手がけたところだそうです)に依頼して作られているとか。「国内で作ると、どうしても『東洋経済』のようになっちゃうから(笑)」。確かに雑誌(特にオシャレ・アート・インターナショナル系)は、載っている情報だけでなく、そこにある雰囲気が重要ですからね。

2010021107クーリエジャポン
iPhoneユーザーからすると、クーリエ・ジャポンは真っ先に2009年2月号から記事をアプリとして発売したことでも知られてます。これまで(2010年2月現在)に無料の「Lite」版が5~6万、有料版は数千ものダウンロードをされており、AppStoreでも上位にランクインすることが多い人気アプリです。

始めたきっかけは「何となく」だそうですが、全ダウンロードの5%が海外からダウンロードされているなど「作り始めたら面白かった」とか。海外でも大きな書店ならクーリエ・ジャポンの雑誌を扱っているところもあるものの値段が3倍ほどになるそうで、海外にいる日本人が世界の出来事を日本語で読みたいというニーズと、iPhoneアプリが世界中同じ値段で買えるメリットが合致したようです。これはなかなか興味深い話。電子書籍の普及にも関わることかもしれません。

ところで、クーリエ・ジャポンのファンが朝、カフェに集まって、気になった記事について語り合う朝食会(mixiコミュニティ)が開かれているそうです。私はこれに参加したことがありませんが、最近、別の朝食会に参加していましたので、講談社の広報さんにこの話しをしたところ、とても興味を持っていただきました。もしかしたら、編集者(あるいは編集長!?)を招いた会が開けるかもしれませんね!

COURRiER Japon ( クーリエ ジャポン ) 2010年 03月号 [雑誌]COURRiER Japon ( クーリエ ジャポン ) 2010年 03月号 [雑誌]
(2010/02/10)
不明

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。