Pocket

iPad発売前にPocket WiFiは買いか!?ブロガーイベントレポート

R0012995.jpg
先日、「Pocket WiFiで変えるライフスタイル!」というAMN主催のブロガーズイベントに参加してきました。

Pocket WiFiはイー・モバイルの1回線契約で5台までインターネットに接続できるデバイスです。PCだけでなくPSPやニンテンドーDS、iPod touchなどWiFi(無線LAN)搭載ゲーム機、デジカメなども出先でネットに接続できるため、量販店などでそれらとセット割で販売され人気となっています。

iPadの発売を間近に控え、3G回線を契約しなくても出先でネットに接続できる手段として目をつけていたので、今回はそこに注目してみました。


■iPad対応は、今のところ「未定」

早速ですが、イー・モバイルの公式な発表として、現時点でPocket WiFiがiPadに対応しているかどうかについては「未定」としていました。理由はiPad本体をまだ入手できず接続テストをしていないため。まぁこれは仕方ありません。ただ、iPod touchは接続確認がとれており、ネット接続において問題が起きる確率は低いでしょう。(たとえ起こってもすぐに修正されるはず)


■iPad発売後、Pocket WiFiが品薄になる!?

iPadは3G対応版とWiFi版が発売されますが、私は当初全体の7~8割ほどをWiFi版が占めると予想してます。発売直後に買うユーザーの多くがiPhoneを使っていると思われ、さらにすでに回線を複数契約していてこれ以上毎月の出費を増やすのは経済的キツイ。iPhoneと違い電話ができない(Skypeは除く)ので、そうした「様子見」も含めWiFiを選ぶのではないかと。

でも自宅以外でもネットにつなぎたい。PSPやDSも持っているし、これを機にまとめて接続できるPocket Wifiを手に入れてしまおうというユーザーもいるのではないでしょうか(正に私ですけど…)。先日、ソフトバンクがOEMでPocket Wifiを発売しましたが、こうしたユーザーをターゲットにしていると思います。

すでにイー・モバイルを使っている人にとってネックとなるのが、すべてのほぼすべてのプランに適用されている2年縛り。この期間が終わらないと買い替えることができないと思っている方も多いと思いますが、残月数に応じた「契約解除料」を払えば、すぐにPocket WiFiに乗り換えることもできます。

契約解除料はプランや残月数によって変わりますが、量販店などではPocket WiFiを他のPCなどと一緒に買うと2万円前後割引して買うことができますので、もしiPadとセット割があれば、解除料と相殺できるかもしれません。(あと、それまで使っていたイーモバイル端末の白ロムをヤフオクに出すという手も…)l

いろいろiPadと相性のいいPocket WiFiなので、もしかしたらiPadの発売後、一時的に品薄になるかもしれませんね。

個人的には、今使っているイー・モバイル端末が8月で2年をむかえるので解除料は今のところ8000円。今回の説明を聞いてiPadの購入を機にぜひ買い替えてみたいと思いました。


■一応、今買うリスクも

逆に今買うと、現行よりスペックの高い、もしくは弱点が改善されたPocket WiFiがすぐに発売されてガッカリするんじゃないかというリスクも考えられます。Pocket WiFiの弱点としては、イベントでカイさんが以下を挙げてました。

・バッテリーのもち時間が少ない(公称4時間)
・USB接続しても通信中は充電できない(給電のみ)

もしバッテリーがより長持ちするPocket WiFiが出たらショックかも。。。まだ発売されて半年ほどですし、ソフトバンクがOEMしたばかりなので、すぐにはないと思いますけど。

あと、もっと通信速度の出るPocket WiFiも数ヶ月、数年以内に出てくるでしょう。イー・モバイルでは、すでにUSB接続で21Mbps対応の端末を発売してますし、下り100Mbps以上、上り50Mbps以上の高速通信ができる「LTE(Long Term Evolution)」の対応を予定しているとしています。それまで待つ価値があるかどうかはわかりませんが。

R0012981.jpg


おまけ1:Pocket WiFi用クレードル
まだ発売日は未定ですが、電源ケーブル付きで3000円以下で発売されるそうです。
80527053.jpg


おまけ2:USB接続中に通信しても充電できるコネクタ「UCC-05MW」
サポート対象外ですが、楽天などで数百円で買えます。バッテリーに不安を抱える方には便利かも。
R0012993.jpg



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。